> App Manager > iPhoneのホーム画面のアイコンをフォルダにまとめる方法

iPhoneのホーム画面のアイコンをフォルダにまとめる方法

南 詩織|2018年06月20日

要約: パソコンの大画面でiPhoneのホーム画面のアプリアイコンをフォルダにまとめて管理したいですか?このガイドではそのまとめ方をご紹介します。

iPhoneホーム画面のアイコンをフォルダになる

iPhoneホーム画面のアイコンをフォルダになる

iPhoneを長く使っていますから、インストールされたアプリがいっぱいになりました。ホーム画面をきれいになるために、複数アプリのアイコンを1つのフォルダにまとめたいです。iPhone本体でできますが、不便を感じている方もいますね。それでは、他のまとめ方がありますか?パソコンの大画面で操作できる方法がありますか?実はありますね。ここで、パソコンでiPhoneのホーム画面のアイコンをフォルダにまとめる方法を具体的に解説していますので、どうぞご参考ください。

AppSitterとは

iOSデバイス向けの専門的なアプリ管理ソフトとしてのAppSitterを利用すると、パソコンでiPhoneのホーム画面を簡単に整理できます。そして、このソフトの特長は以下のようになります。

それでは、もしiPhoneのホーム画面のアイコンを気軽にフォルダにまとめたいなら、今すぐAppSitterをダウンロードして使ってみましょう!

iPhoneのホーム画面のアイコンをフォルダにまとめる方法

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > 画面の左側で「ホーム画面整理」ボタンをクリック > アプリアイコンをドラッグ&ドロップして整理してください。

iPhoneホーム画面のアイコンをフォルダになる

iPhoneホーム画面のアイコンをフォルダになる

Step 3: 画面の右下で「デバイスを同期」をクリックします。

- 「スマート分類」をクリックして自分の必要に応じて選択すると、アプリアイコンを自動的に分類できます。

- アプリアイコンを整理する際に、いつでも「画面をバックアップ」をクリックしてもいいです。復元したいなら、「バックアップから復元」をクリックして、復元したいバックアップを選択してください。

最後に

以上はiPhoneのホーム画面のアイコンをフォルダにまとめる方法です。もしパソコンの大画面でiPhoneホーム画面のアイコンを楽に整理したいなら、ぜひAppSitterをダウンロードして試してください。

そして、このソフトは1960円(税込)だけでお手に入れます。今すぐ購入していましょうか。

最後まで読んでありがとうございました。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。