> App Manager > App Storeから消えたアプリをダウンロードする方法

App Storeから消えたアプリをダウンロードする方法

南 詩織|2018年06月11日

要約: App Storeから消えたアプリをダウンロードしたいですか?次のガイドはその方法を解説していますので、参考になさってください。

App Storeから消えたアプリをダウンロードする

App Storeから消えたアプリをダウンロードする

iPhone・iPad・iPod touchで購入済みのアプリを再インストールしたいが、購入済みリストでどうしても探せません。また、App Storeの検索を使ってもありませんから、どうすればいいですか?周知のように、iTunes12.7及び以降のバーションでアプリの管理機能がなくなって、パソコンでiPhone上のアプリを管理することはできません。なので、このようなApp Storeから消えたアプリを再びダウンロードしたいなら、AppSitterというiOSデバイス向けのアプリ管理ソフトをおすすめします!

AppSitterとは

AppSitterとはiOSデバイス上のアプリ管理に特化したデスクトップ向けソフトウェアで、パソコンでiPhone上のアプリを簡単に管理できます。そして、App Storeから消えたアプリも見つけてダウンロードできます。さらに、このソフトは次のような特長があります。

それでは、もしApp Storeから消えたアプリをダウンロードしたいなら、さっそくAppSitterをダウンロードして使ってみましょう!

App Storeから消えたアプリをダウンロードする方法

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > アプリ管理画面で「このデバイスで購入済みApp」をクリック > インストールしたいアプリの右側にある「インストール」ボタンをクリックしてダウンロードします。

App Storeから消えたアプリをダウンロードする

App Storeから消えたアプリをダウンロードする

Step 3: そのアプリに対応するApple IDのパスワードを入力 > 「OK」をクリック > 2つファクタ認証があったら、続いて認証コードを入力します。

- App Storeから消えたアプリをパソコンにダウンロードしたいなら、Step 2でアプリの右側にある「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

- AppSitterですべてのApp Storeから消えたアプリではなく、すでに購入したアプリだけダウンロード・インストールできます。

最後に

以上はApp Storeから消えたアプリをダウンロードする方法です。いかがですか?もしApp Storeから消えたアプリをダウンロードしたいなら、ぜひAppSitterをダウンロード/購入(980円)して使ってみてください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。この記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。