> App Manager > PCでiPadにアプリをインストールする方法

PCでiPadにアプリをインストールする方法

南 詩織|2018年06月26日

要約: パソコンの大画面でアプリをインストールしたいが、iTunesを12.7バーション以降に更新したからできなくなってしまいましたか?ここで、他のソフトを利用してPCでiPadにアプリをインストールする方法をご紹介します。

iPadにアプリをインストールする

iPadにアプリをインストールする

iPadにアプリをインストールしたい場合に、どうすればいいですか?iPad本体のApp Storeを利用するのは一般的ですね。特に、iTunes12.7以降でアプリという機能が削除されて、パソコンでアプリをiPadにインストールするのはだめになってしまいました。だが、実は、第三者のアプリソフトを利用してiPadで購入済みのアプリをインストールするのは可能です。それはAppSitterというソフトの利用を通します。では、さっそくこのソフトを一緒に見てみましょう!

- このソフトはすべてのアプリではなく、このデバイスで購入済みアプリだけをiPadにインストールできます。

- 当該ソフトは2018年7月に配信が予定されるので、乞うご期待ください!

AppSitterとは

AppSitterとは業界初iOSデバイス上のアプリ管理に特化したデスクトップ向けソフトウェアで、iPadにアプリをインストールすることにおいて、次のようなメリットを持っています。

したがって、もしPCの大画面でiPadにアプリをインストールしたいなら、今すぐAppSitterをダウンロードして体験しましょう!

iPadにアプリをインストールする方法

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Step 2: iPadをUSBケーブルでパソコンと接続する > デフォルト画面でインストールしたいアプリの右側にある「インストール」ボタンをクリックします。

iPadにアプリをインストールする

iPadにアプリをインストールする

最後に

以上はiPadにアプリをインストールする方法です。どうでしょうか?実は、AppSitterはiPadのホーム画面をパソコンで整理することも支持しています。なので、もしiPadのアプリを楽に管理したいなら、今すぐこのソフトをダウンロードして使ってみましょう!最後まで読んでありがとうございました。