> App Manager > iPhoneでアプリをアプデできない場合の解決法

iPhoneでアプリをアプデできない場合の解決法

南 詩織|2018年05月24日

要約: iPhoneを使っている時、アプリをアプデできないなら、新しい機能を使用できないから困っていますね。そこで、本記事はiPhoneアプリをアップデートできない場合の解決法を紹介しています。

iPhoneでアプリをアプデできない

iPhoneでアプリをアプデできない

iPhone 4s/5s/6でアプリのアップデート通知が来たので、App Storeを起動してアプリをアプデしたいが、アップデートボタンではなく、開くボタンだけ表示されて、また、アップデートボタンをタップしてもアップデートできない状況がよくあります。そういう場合に、どうすればいいでしょうか?ここで、あるソフトの利用を通して、iPhoneアプリのアプデできない問題を解決できる方法をご紹介します。その前に、まず、必要なソフト-AppSitterを一緒に見てみましょう。

AppSitterとは

AppSitterを利用すると、パソコンでiPhoneのアプリを簡単かつ便利に管理できます。そして、アプリのバックアップや復元することもできます。さらに、このソフトは次のようなメリットも持っています。

  1. パソコンでiPhoneアプリをアプデでき、簡単に操作できる。
  2. 最新バーションのアップデート内容が展示されて、直接に確認できる。
  3. アップデートできるアプリを自動的に分け、選択しやすい。
  4. アプリを一括にアップデートしたいなら、1クリックでアップデートできるから便利である。
  5. デバイスにあるアプリのアップデートは無料機能で、無制限で利用できる。

従って、もしiPhoneアプリのアプデできない問題を解決したいなら、今すぐAppSitterをダウンロードして使ってください。

iPhoneでアプリをアプデできない場合の解決法

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > 画面の上側で「このデバイス上にあるApp」をクリック > アップデートしたいアプリの右にある「アップデート」ボタンをクリックしてください。

iPhoneでアプリをアプデできない

iPhoneでアプリをアプデできない

- 複数のアプリを一括にアップデートしたいなら、アプリを選択した後、画面の右上にある「すべてをアップデート」ボタンをクリックしてください。
- 最新バーションのアップデート内容を確認したいなら、画面に展示されているバーション号をクリックしてください。

最後に

以上はiPhoneでアプリをアプデできない場合の解決法です。いかがですか?実は、iPhoneのホーム画面でアプリの整理について、AppSitterも支持していますから、便利なソフトです。それでは、さっそくAppSitterをダウンロード/購入(1960円)してアプリの自由管理を体験しましょう!

以上、参考になれば幸いです!もしこの記事はお役に立ったら、シェアしてくれると嬉しいです。