> Topic > iTunesでバックアップできない時の対処法

iTunesでバックアップできない時の対処法

千恵 花崎|2018年04月20日

要約:iTunesでバックアップする際、以下の状況にあったことがありますか?もしならば、この記事を読み続けてください:
1、セッションが失敗したため、xxのバックアップを作成できません;
2、iPhoneとのセッションを開始できなかったため、iTunes は iPhone をバックアップ できませんでした;
3、バックアップは完了しましたが、一部のファイルはスキップされました;
4、このコンピュータは十分な空き領域が使用できないため、xxをバックアップできませんでした;
5、 バックアップの作成を完了できません。バックアップフォルダの作成中にエラーが起き ました;
6、コンピューターにバックアップを保存できなかったため、iPhone”××のiPhone”の バックアップを作成できませんでした;
7、××がコンピュータから取り外されたためバックアップできませんでした;
8、iPhone・iPad・iPodを認識しません;

ファイルの紛失などを避けるため、iPhone・iPad・iPod上のデータをバックアップしたほうがよいでしょう。でも、iTunesでバックアップする時、様々な不具合・エラーが出て、順調にバックアップできません。その場合には、この問題を解決するため、次の文章を続けて読んでください。

方法1:お使いのiOSデバイス&パソコンを再起動する

何かしらの不具合が発生したら、再起動するのは定番の解決策です。なので、iTunesでバックアップする時、手元のデバイスが認識されなく、バックアップできなくなりましたら、まずは、パソコンやスマホを再起動してください。

方法2:iTunesをアップデートする

iTunesのバージョンが古い場合、バックアップできないケースもあります。それで、その場合には、iTunesを最新バージョンにアップデートしてください:

iTunesを起動 > ヘルプをクリック > 「更新プログラムを確認」をクリック > 新しいバージョンのiTunesをダウンロードしてアップデートしてください。

iTunesでバックアップできない時の対処法

iTunesでバックアップできない時の対処法

Macを使う場合、Appleメニューバーから「iTunes」をクリック > 「アップデートを確認」を選択して、画面の指示に従って、最新バージョンのiTunesをインストールしてアップデートしてください。

方法3、古いバックアップデータを削除/移動する

バックアップ途中にケーブルを抜いていないのに、「iPhoneがコンピュータから取り外されたため、〇〇をバックアップできませんでした」とエラーメッセージが表示され、iTunesでバックアップできません。その場合、古いバックアップデータを削除(移動)したら、問題が改善されます。詳細な手順は次の通りです。

iTunesをクリックして開く > 「編集」 > 「設定」 > 「デバイス」という順でクリックして、今までのバックアップデータが表示される > 削除したいデータを選択 > 「バックアップを削除」をクリックして、古いバックアップデータを削除しました。

iTunesでバックアップできない時の対処法

iTunesでバックアップできない時の対処法

方法3、セキュリティソフトを一時的に無効にする

他社製のセキュリティソフトはiTunesのバックアップを防ぐこともあります。なので、もしiTunes から Apple のサーバやデバイスに接続できなくなって、iTunesでバックアップできないなるなら、パソコン上のセキュリティソフトを一時的に無効にしてから、改めてバックアップしてみてください。

方法4、パソコンには不要なデータを削除する

パソコンの容量不足でiTunesでバックアップできない場合、PC上の不要なデータを削除したら、問題が解決できます。

Windowsの場合:

ローカルディスクC/Dから不要なデータを見つける > 右クリックして「削除」をクリックして削除してください。

Macの場合

Appleメニューバーから「このMacについて」 > ストレージ > 管理と進み、「不要なファイルを削除」項目で「ファイルを確認」ボタンをクリックして、不要なファイルを確認しながら削除してください。

iTunesでバックアップできない時の対処法

iTunesでバックアップできない時の対処法

そして、もし上記の方法を試しても、iTunesでバックアップできない問題はまだ解決できない場合、次の方法を利用して、iPhone上の重要なデータをiCloud Drive/Dropbox/PCにバックアップしてください。

方法5、AllFilesでiPhoneをバックアップする

ITunesを使ってiPhone・iPad・iPodのデータをバックアップできなくなりましたら、AllFilesというiOSデバイスに散らばっている様々なファイルをひとつにまとめて管理できるツールをおすすめします。なぜかというと?

Step 1: AllFilesをダウンロードしてインストール&起動する > お使いのデバイスをUSBケーブルでパソコンに接続 > ホーム画面のデバイスマネージャ下のiPhoneをクリックしてください。ここで、iPhone 6sを例にしてiPhoneのデータをPC/クラウドにバックアップする方法をご紹介します。

iTunesでバックアップできない時の対処法

iTunesでバックアップできない時の対処法

Step 2: バックアップしたいデータのフォルダを選択してダブルクリックしてください。ここで、写真を例にします。

iTunesでバックアップできない時の対処法

iTunesでバックアップできない時の対処法

Step 3:「カメラロール」と「フォトライブラリー」を任意選択してダブルクリックしてください。そして、次の画面でバックアップした写真を選択して、右上にある「PCへ転送」ボタン、または「クラウドへ」ボタンをクリックしたら、iPhone上のデータを手軽にPC/iCloud Driveなどのクラウドにバックアップできます。

iTunesでバックアップできない時の対処法

iTunesでバックアップできない時の対処法

おすすめ記事:iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策>

まとめ

以上はiTunesでバックアップできない時の対処法です。いかがでしょうか?もし前の4つの方法を試しても、問題はまだ解決できないなら、方法 5でのAllFilesをダウンロードして試してみませんか。そして、このソフトのベータ版は無料で利用できます。

また、この記事について、何か質問等ございましたら、遠慮なくメールでご連絡ください