> Topic > iTunesのバックアップ先を変更する方法

iTunesのバックアップ先を変更する方法

南 詩織|2018年08月13日

要約: iPhoneの容量が大きくなるから、iTunesでiPhoneをバックアップする時、PCの容量が圧迫されていますか?実は、iTunesのバックアップ先を変更することができますから、今回はその方法をご紹介します。

iTunesを利用したら、iPhoneを丸ごとバックアップすることができますから、機種変更やデータ保管の場合に使えますね。だが、バックアップする時、デフォルト保存先はPCのCドライブに設定されますので、パソコンの容量が圧迫されて、動作も遅くなりやすいです。それでは、そのバックアップの保存先を変更することは可能ですか?実は特別なソフトを使わずに、iTunesのバックアップ先を変更する方法がありますから、次の記事はその方法をご紹介します。

iTunesのバックアップ先を変更する方法

Step 1: 「デスクトップ」>ユーザー名(私の場合は「Administrator」)>「AppData」>「Roaming」>「Apple Computer」>「MobileSync」>「Backup」という順でデフォルトのバックアップフォルダを表示します。

iTunesのバックアップ先を変更

iTunesのバックアップ先を変更

- もしパソコンで隠しファイルが表示されていませんなら、まず、次の操作に従ってエクスプローラーで隠しファイルを表示します。

手順: スタートボタン>「コントロール パネル」>「フォルダー オプション」という順でクリック > 管理画面の上部に「表示」を選択 > 「隠しファイル、隠しフォルダ-。および隠しドライブを表示する」という項目を選択して有効にする > 「OK」をクリックします。

iTunesのバックアップ先を変更

iTunesのバックアップ先を変更

Step 2: 他のドライブや外付けHDDで新規保存先を作成 > 元の「Backup」フォルダーを丸ごとで新規保存先に移動(コピー)します。(ここで、Eドライブで「iTunes Backup」という新規フォルダを作成した)

iTunesのバックアップ先を変更

iTunesのバックアップ先を変更

Step 3: コピーが終わった後、元のCドライブにある「Backup」フォルダーを削除してください。もし削除に怖い方は、フォルダーの名前を変更してもいいです。

iTunesのバックアップ先を変更

iTunesのバックアップ先を変更

Step 4: スタートボタンをクリック > 「プログラムとファイルの検索」の検索欄で「cmd」と入力 > 表示された「cmd.exe」アイコンを右クリック > 「管理者として実行」をクリックしてコマンドプロンプトを起動します。

iTunesのバックアップ先を変更

iTunesのバックアップ先を変更

Step 5: そこで、「mklink /d “C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup” “E:\iTunes Backup\Backup”」のような文字を入力 > Enterキーを押す > 「~シンボリックリンクが作成されました」と表示されると成功します。

iTunesのバックアップ先を変更

iTunesのバックアップ先を変更

- 太字になっている部分(「(ユーザ名)」と「E:\iTunes Backup」)は自分の状況によって変更してください。

- 入力する時、大文字と小文字もしっかり区別して入力してください。

Step 6: シンボリックリンクが正常に作成されたか確認するため、元のCドライブの「Backup」フォルダーを右クリックして「プロパティ」を選択してください。次の2つの部分をチェック:

確認できたら、シンボリックリンクは成功に作成されました。

iTunesのバックアップ先を変更

iTunesのバックアップ先を変更

お見逃しなく:「メモリがいっぱいです」と表示される時の対処法>

最後に

以上はiTunesのバックアップ先を変更する方法です。いかがでしたか?もしiTunesで大容量のiPhoneをバックアップしたいが、Cドライブが容量不足になる場合に、ぜひ上記の方法を使ってみてください。以上、参考になれば幸いです!もしこの記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。