> Files Manager > 「メモリがいっぱいです」と表示される場合の対策

「メモリがいっぱいです」と表示される場合の対策

南 詩織|2018年06月15日

要約: パソコンで「メモリがいっぱいです」と表示される場合に、どのようにメモリの容量を増やしますか?このガイドは、「メモリがいっぱいです」と表示される場合の対策をご紹介します。

「メモリがいっぱいです」と出た時の対策

「メモリがいっぱいです」と出た時の対策

パソコンを長く使っている人なら、「メモリがいっぱいです」、「メモリが不足しています」という意味のメッセージが表示されるこの画面に見覚えがありますよね。パソコンにたくさんのデータを保存していますから、Cドライブがいっぱいになって、メモリの容量も少なくなりました。ハードディスクを使っても容量不足ですから、他の方法がありますか?そういう場合に、クラウドを利用したほうがいいですね。では、どのようにパソコンのデータをクラウドに保存しますか?ここで、AllFilesというソフトをおすすめします。

AllFilesとは

AllFilesを利用すると、ファイルをiPhoneやiPad、iCloud、Dropbox、およびWindows / Macの間に自由に転送・管理できます。そして、業界初iOSデバイス上のファイル管理に特化したデスクトップ向けソフトウェアとしてのAllFilesは以下のような優れた点があります。

それでは、さっそく、AllFilesを無料ダウンロードして、メモリがいっぱいという問題を解決しましょう!

「メモリがいっぱいです」と表示される場合の対策

Step 1: AllFilesをダウンロード&インストール&起動します。

Win版無料体験Mac版無料体験

100%クリーン&安全

Step 2: 「iCloud Drive」をクリックする > Apple IDとパスワードを入力する > 「iCloudへサインイン」をクリックします。

「メモリがいっぱいです」と出た時の対策

「メモリがいっぱいです」と出た時の対策

Step 3: パソコンで転送したいデータを選択する > ドラッグ&ドロップしてPCからiCloud Driveにデータを移動します。

「メモリがいっぱいです」と出た時の対策

「メモリがいっぱいです」と出た時の対策

そうすると、パソコンのデータをクラウドで保存でき、そして、パソコンでそのファイルを削除したら、容量を増加でき、メモリがいっぱいという状況も解消できます。

- パソコンからDropboxにデータを転送したいなら、ステップ2で「Dropbox」をクリックしてください。

- クラウドにサインインした後、画面の右上に「追加」ボタンをクリックすると、データも転送できます。

おすすめ記事: iPhoneからクラウドに写真を保存する方法>

最後に

以上は「メモリがいっぱいです」と表示される場合の対策です。いかがでしたか?もしパソコンのメモリ不足、またはハードディスクの容量不足というような問題を解決したいなら、ぜひAllFilesをダウンロードしてパソコンのデータを自由にクラウドに転送してみてください!以上、ご参考にしていただけれますと幸いです。