> Backup Restore > iPhoneバックアップパスワードが忘れた場合の対策

iPhoneバックアップパスワードが忘れた場合の対策

花崎 千恵|2018年08月15日

要約:iPhone X/8/7/6s/6の暗号化パスワードが忘れて、復元・暗号化解除もできなくなりました。その場合には、次のガイドを参考にしてください。

iPhoneのパスワード・健康情報などより多くのデータをパソコンにバックアップしたい、またiPhone上の個人情報をしっかり守りたいから、バックアップする際、暗号化しました。でも、そのパスワードが忘れて、暗号化の解除・バックアップファイルの復元もできなくなりました。その場合には、どうすればよいのでしょうか。ここで、iPhone・iTunesのバックアップパスワードが忘れた場合の対策を4つご紹介します。

iPhone・iTunesのバックアップパスワードが忘れた場合の対策

方法 1. パスワードを思い出す

ここで、パスワードを思い出させるまたは推測するためのいくつかのテクニックをご提供します。できる限りパスワードを思い出してください。

1.生年月日 - 自分または家族の生年月日

2.Apple IDに関連付けられたパスワード

3.パソコンのログインパスワード

4.親しい人の名前、ペットの名前や電話番号

5.お気に入りのドラマのタイトル

6.郵便番号

7.子供時代のニックネーム

8.iPhoneのロック解除コード

9.他のアプリ・カードのパスワード

方法 2. すべての設定をリセットする

パスワードはどうして思い出させないなら、iPhoneの「すべての設定をリセット」機能を利用して、設定をリセットして、パスワードを簡単に解除します。でも、この機能はiOS 11及びその以降のバージョンを搭載しているデバイスだけ利用できます。残念ながら、iOS 10以前の場合、回復できません。

iOSデバイスで、「設定」>「一般」>「リセット」の順に行います > 「すべての設定をリセット」をタップし、iOSのパスコードを入力し、リセットを確認します。

iPhone・iTunesのバックアップパスワードを忘れた場合の対策

iPhone・iTunesのバックアップパスワードを忘れた場合の対策

そして、この方法で暗号化したバックアップのパスワード、ディスプレイの明るさ、ホーム画面のレイアウト、壁紙などの設定はリセットされます。ユーザーデータやメディアデータに影響を与えません。

方法 3. iCloudでiPhoneのデータをバックアップする

iTunesでバックアップする際、バックアップを暗号化して、パスワードが忘れやすいです。なので、パスワードがわからなく復元できなくなったことを避けるため、iCloudでiPhoneのデータをバックアップしてください。

設定 > Apple IDの名 > iCloudをタップします。iCloudバックアップを有効にしてください。

でも、この方法でバックアップしたら、5GBの無料容量を超えると、ストレージを購入する必要があります。そして、もし デバイスにはiCloud容量不足というようなポップアップが表示されましたら、こちらの記事を参考にして、ストレージを解放してみてください。

方法 4:他のツールでバックアップする

ここで、BackupNinjaというiPhone専用のデータバックアップ・復元ツールをおすすめします。そのソフトはバックアップ方面のメリットはこちらへ:

  1. Wi-Fi経由してバックアップできる
  2. 増加した部分だけをバックアップできる
  3. バックアップパスワードの変更・削除もできる
  4. パスワードの記憶機能を提供し、バックアップパスワードを忘れても大丈夫
  5. バックアップファイルも簡単に閲覧・抽出・復元できる
  6. 1つのツールで複数のデバイスのデータをバックアップできる
  7. バックアップ先も自由に変更できる

それでは、さっそく、BackupNinjaをダウンロードして、iPhone・iTunesのバックアップファイルを暗号化して、パスワードが忘れたことを解決してみてください。

Step 1:BackupNinjaをパソコンにインストールして起動します > iPhoneをUSBケーブルで接続します > ソフトのメインインタフェースで「バックアップ」をクリックします。

iPhoneバックアップパスワードが忘れた場合の対策

iPhoneバックアップパスワードが忘れた場合の対策

Step 2:バックアップ先を選択します > バックアップ暗号化をクリックして、2回パスワードを入力します > 「了解」をクリックして、パスワードを暗号化してください。

iPhoneバックアップパスワードが忘れた場合の対策

iPhoneバックアップパスワードが忘れた場合の対策

Step 3:右のバックアップパスワード記憶をクリックして、バックアップパスワードが忘れても、データも簡単に復元・閲覧できます。そして、もしパスワードを変更したり、削除したりしたいなら、「バックアップ暗号化」鄰のボタンをクリックして行ってください。

iPhoneバックアップパスワードが忘れた場合の対策

iPhoneバックアップパスワードが忘れた場合の対策

Step 4:そして、「バックアップ」をクリックして、iPhoneバックアップパスワードが忘れても、手軽にデータを閲覧・復元できます。

バックアップファイルを他人にバレないように自分のパソコンだけでバックアップパスワード記憶機能を利用してください。

まとめ

以上は iPhone・iTunesのバックアップパスワードが忘れた場合の4つの対策です。いかがでしょうか。BackupNinjaを利用して、パスワードを忘れても、バックアップデータも簡単に閲覧・復元できます。それでは、今すぐ、このソフトをダウンロードして試してもませんか。