> App Manager > iTunesでiPhoneのアプリをアップデートできない場合の対処法

iTunesでiPhoneのアプリをアップデートできない場合の対処法

南 詩織|2018年05月24日

要約: iTunesをバーション12.7にアップデートした後、iPhoneのアプリを管理できなくなりますから、ここで、iTunesを使わずにパソコンでiPhoneのアプリをアップデートする方法をご紹介します。

iTunesでiPhoneアプリをアップデートできない

iTunesでiPhoneアプリをアップデートできない

iTunes 12.7以前で、iTunesでiPhoneのアプリを削除・インストール・アップデートすることができますが、バーション12.7でこの機能を削除して、「ファイル共有」という機能だけ残っています。それでは、以前のようにiPhoneのアプリをパソコンで管理したいなら、どうすればいいですか?ここで、AppSitterというソフトをおすすめます。利用すると、パソコンでiPhoneのアプリを簡単に管理でき、iTunesの「App」機能を完璧に代替できます。では、さっそくこのソフトを見てみましょう!

AppSitterとは

iTunes「App」機能に代わるアプリマネージャーとしてのAppSitterはiPhoneのアプリを安全かつ簡単に管理できます。そして、アプリのバックアップも支持しています。さらに、このソフトは以下のような特長があります。

  1. パソコンでiPhoneのアプリを管理でき、便利な操作性を持つ。
  2. iPhoneにあるすべてのアプリをアクセスして展示している。
  3. アプリを一括にアップデートしたいなら、1クリックでアップデートできる。
  4. アプリについての詳しい情報が画面で一目瞭然で展示されている。
  5. デバイスにあるアプリのアップデートは無料機能で、料金を払う必要がない。

それでは、さっそく、AppSitterをダウンロードして、iTunesを使用せずにパソコンでiPhoneのアプリを簡単にアップデートしましょう!

iTunesでiPhoneのアプリをアップデートできない場合の対処法

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続する > 画面の上側で「このデバイス上にあるApp」をクリック > アップデートしたいアプリの右にある「アップデート」ボタンをクリックしてください。

iTunesでiPhoneアプリをアップデートできない

iTunesでiPhoneアプリをアップデートできない

- 複数のアプリを一括にアップデートしたいなら、アプリを選択した後、画面の右上にある「すべてをアップデート」ボタンをクリックします。

最後に

以上はiTunesでiPhoneのアプリをアップデートできない場合の対処法です。いかがですか?もしパソコンでiPhoneのアプリを簡単に管理したいなら、ぜひAppSitterをダウンロードして体験しましょう!

そして、このソフトは現在、50%OFF大型セールが開催していますから、980円(税込)だけでお手に入れます。今すぐ購入していましょうか。

最後まで読んでくれてありがとうございます。この記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。