> App Manager > iPhoneアプリのインストールが遅い時の対策

iPhoneアプリのインストールが遅い時の対策

南 詩織|2018年05月23日

要約: iPhoneアプリのインストールが遅いことにお困りの方に、分かりやすく解決策を紹介していますので、どうぞご参考ください。

iPhoneアプリのインストールが遅い

iPhoneアプリのインストールが遅い

iPhoneのApp Storeであるアプリをダウンロードした後、アプリをインストール際に、速度が遅い、また、途中で固まったままに動かない経験がありますか?急いでアプリを使いたい場合なら、いらいらしてくるでしょう。Wi-Fiを改善したり、アプリを再インストールしたり、iPhoneを再起動したりしても解決できません。では、そういう場合にどうすればいいですか?ここで、従来の方法のほかに、1つ簡単な方法を提供しています。その前に、まず、必要なソフト-AppSitterをご紹介します。

AppSitterとは

AppSitterとはiOSデバイス上のアプリ管理に特化したデスクトップ向けソフトウェアで、お使いのデバイス上のアプリを安全に管理・整理できます。そして、アプリのバックアップも支持しています。さらに、このソフトには次のようなメリットも持っています。

それでは、さっそくAppSitterをダウンロードして、iPhoneアプリのインストールが遅いことを解決しましょう!

iPhoneアプリのインストールが遅い時の対策

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > デフォルト画面でインストールしたいアプリの右にある「インストール」ボタンをクリックしてください。

iPhoneアプリのインストールが遅い

iPhoneアプリのインストールが遅い

Step 3: 対応するApple IDのパスワードを入力してサインインします。

- このソフトでインストールできるアプリは購入した、または以前ダウンロードしたアプリだけです、すべてのアプリではありません。

最後に

以上はiPhoneアプリのインストールが遅い時の対策です。いかがですか?もしiPhoneでアプリをインストール時、同じ問題が生じたら、ぜひAppSitterをダウンロードして使ってみましょう!

そして、このソフトは現在、50%OFF大型セールが開催していますから、980円(税込)だけでお手に入れます。今すぐ購入していましょうか。

以上、参考になれば幸いです!最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。