> App Manager > iPhoneのアプリのアイコンを移動する方法

iPhoneのアプリのアイコンを移動する方法

花崎 千恵|2018年06月21日

要約:iPhone上のアプリアイコンは混雑で使いづらいでしょうか。ここで、iPhoneのアイコンを移動して整理する方法をご紹介したいと思います。

普段からiPhoneにアプリを次々とダウンロードしていくと、アプリのアイコンは順々にホーム画面に出てきました。それらのアプリはそのままにホーム画面に並んだら、アプリを探しづらい、ストレスが溜まるなどのことがもたらします。なので、生活を快適にさせるため、iPhone上のアプリアイコンを並び替える必要があります。そこでここで、iPhone 7/8/Xのホーム画面のアイコンを移動して整理する方法をご紹介したいと思っています。だが、その前に、まずは必要なツール - AppSitterをご説明します。

iPhoneのアプリアイコンを移動できるソフト - AppSitter

AppSitterとはiPhone・iPad・iPod向けのアプリ管理ソフトで、バージョン12.7以前のiTunesのように、iPhoneアプリアイコンの移動を通じて、ホーム画面を整理します。そして、このソフトでiPhoneアイコンを移動する際、次のようなメリットも持っています:

  1. iPhoneのアイコンを任意のページに移動できる
  2. ドラッグ&ドロップだけで、アイコンを移動できる
  3. アイコンもフォルダに集めて移動できる
  4. 簡潔なインタフェースで特別な知識もいらなく、初心者にもすぐできる
  5. アイコンを移動することだけでなく、削除、バックアップ、復元などもできる
  6. このソフトはiPhone X&iPhone 8&iPhone 7&iPhone 6sなどすべてのモデルにも適用する

それでは、さっそく、AppSitterをダウンロードしてiPhoneのアイコンを移動しましょう!そして、このソフトは7月にリリースされる予定ですから、ぜひご期待ください。

iPhoneのアプリのアイコンを移動する方法

Step 1:ソフトをPCにダウンロードしてインストールします > iPhone 6s/7/8/XをUSBケーブルで接続します > ソフトを起動します。

Step 2:「ホーム画面整理」をクリックします > 画面整理に入ります > アイコンをドラッグ&ドロップして、好きな位置に並び替えてください。

iPhoneのアプリのアイコンを移動する方法

iPhoneのアプリのアイコンを移動する方法

まとめ

それでは、ドラッグ&ドロップだけで、iPhoneのアイコンをページ別に移動しました。簡単でしょうか。実は、ソフトを利用して、iPhoneのアプリも管理(削除・インポート・バックアップ)できます。さらに、配信停止したアプリも再インストールできます。それでは、さっそく、ソフトをダウンロードしてiPhoneのアイコンを移動しましょう。