> App Manager > iPhoneにインストールされていたアプリが一覧で表示される方法

iPhoneにインストールされていたアプリが一覧で表示される方法

花崎 千恵|2018年06月08日

要約: iPhoneにインストールされたアプリの一覧を確認したいでしょうか。次のガイドを参考にして、iPhone・iPad・iPodにインストールしていたアプリ(以前インストールした後、削除したものも含む)を一覧で表示されます。

いつもiPhone・iPad・iPodにアプリをダウンロード・インストールします。デバイスにはアプリがいっぱいで、「1回しか使っていない/全く使っていないアプリ」が増えてきます。そのようなアプリを消そうとしても「他にどんなアプリが入っているのか分からないから消しにくい」、アプリを使おうとしても「どこにアプリがあるのか分からない」という経験がありませんか。ここで、そのような悩みを持っている方に、iPhoneにインストールされているアプリの一覧を表示する方法を紹介したいと思います。その前に、まずは必要なツール - AppSitterをご紹介します。

AppSitterとは

AppSitterはシー・キューブドによって開発した第二ソフトで、PC端でiPhone・iPad・iPodアプリの管理を実現します。そして、このソフトを利用して、デバイスにインストールされているアプリを一覧で確認する際、次のようなメリットも持っています。

それでは、さっそく、AppSitterをダウンロードして、iPhoneにインストールしているアプリを一覧で確認してください。そして、このソフトは今年の7月にリリースされる予定ですから、乞うご期待ください!

iPhoneにインストールされているアプリが一覧で表示される方法

Step 1: AppSitterをWindows・Macにダウンロードしてインストール > iPhoneをUSBケーブルで接続します。

Step 2:アプリ管理をクリックして、アプリ管理画面に入ります。

Step 3:そこで、「このデバイスで購入済みApp」、「このデバイス上にあるApp」、「ファイル共有」と3つの項目があります。自分の必要に応じて選択してください。すると、デバイスにインストールされたアプリを一覧で確認しました。

iPhoneにインストールされているアプリの一覧を確認する方法

iPhoneにインストールされていたアプリが一覧で表示される方法

- App管理画面でインストールされている、購入済みアプリ(削除のも含む)を管理(バックアップ・ダウンロード・削除・インストール」できます。

- このデバイスで購入済みAppは「今デバイスにあるApp」と「以前インストールされてから削除したApp」という2つの部分からなっています。

まとめ

以上はiPhoneにインストールされていたアプリが一覧で表示される方法です。いかがでしたか。もしデバイス上にアプリが多すぎて一覧で確認してから操作したいなら、ぜひこの記事を参考にしてください。そして、もしPC端でデバイス上アプリを管理したいなら、AppSitterをダウンロードして試してみませんか。

また、もしこの記事・ソフトについてお役に立てればFacebook、はてな、Google+、ツイートなどにシェアしていただけると嬉しいです。