> App Manager > iPhoneアプリのアップデートが遅い時の対処法

iPhoneアプリのアップデートが遅い時の対処法

南 詩織|2018年07月25日

要約: iPhoneでアプリをアップデートする時、なぜか遅くなって、さらに、固まったまま動かない経験がありますか?どのように解決できますか?このガイドはiPhoneアプリのアップデートが遅い時の対処法を紹介していますから、どうぞご参考ください。

iPhoneアプリのアップデートが遅い

iPhoneアプリのアップデートが遅い

お使いのiPhoneであるアプリを開くと、アップデートの通知が来ました。重要な更新ですから、「App Store」でアプリをアップデートしたいです。だが、更新ボタンをタップした後、そのアップデートが遅いで、すごい時間がかかっています。時間に余裕があれば無論、急いで使いたい場合に、焦るでしょう!そのため、今回は、iPhoneアプリのアップデートが遅い時の対処法をご紹介します。その前に、まず、必要なソフト-AppSitterをご紹介します。

AppSitterとは

AppSitterとはiPhoneのアプリをまとめて管理できるソフトで、利用すると、パソコンでiPhone上のアプリを数クリックで管理できます。そして、このソフトには次のような優れた点があります。

それでは、今すぐAppSitterをダウンロードして、iPhoneアプリのアップデートが遅い問題を解決しましょう!

オススメ記事: iPhoneアプリのインストールが遅い場合の解決策>

iPhoneアプリのアップデートが遅い時の対処法

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > デフォルト画面の上で「このデバイス上にあるApp」をクリック > アップデートしたいアプリの右にある「アップデート」ボタンをクリックしてください。

iPhoneアプリのアップデートが遅い

iPhoneアプリのアップデートが遅い

Step 3: Apple IDに対応するパスワードを入力してサインインします。

iPhoneアプリのアップデートが遅い

iPhoneアプリのアップデートが遅い

- 複数のアプリを一括にアップデートしたいなら、アプリを選択した後、画面の右上にある「すべてをアップデート」ボタンをクリックしてください。

最後に

以上はiPhoneアプリのアップデートが遅い時の対処法です。いかがですか?もしiPhoneでアプリを更新する時、同じ問題にあったら、ぜひAppSitterをダウンロードして試してください。

そして、このソフトは現在、50%OFF大型セールが開催していますから、980円(税込)だけでお手に入れます。今すぐ購入していましょうか。

最後まで読んでありがとうございました。サービスに関して、ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。