> App Manager > iPhoneアプリのアップデートが固まる時の対策

iPhoneアプリのアップデートが固まる時の対策

南 詩織|2018年08月06日

要約: iPhoneアプリがアップデート中フリーズして、固まるになってしましました。そういう場合に、どうすればいいですか?ここで、iPhoneアプリのアップデートが固まる時の対策をご紹介します。

iPhoneアプリのアップデートが固まる

iPhoneアプリのアップデートが固まる

App Storeのアプリアイコンにアップデートのマークが出ていきますから、タップしてアプリをアップデートできます。だが、アップデートが正常に終わらない不具合にあうことがあります。それでは、もしiPhoneアプリをアップデートする際に、固まるになって、フリーズした場合に、どのように解決できますか?ここで、AppSitterというソフトをおすすめします。利用すると、パソコンでiPhone上のアプリをアップデートできますから、このような悩みがありません。では、さっそくこのソフトを一緒に見てみましょう!

AppSitterとは

AppSitterとはiPhone・iPad・iPod touch向けの専門的なソフト管理ツールで、パソコンであなたのiPhoneのアプリをまとめて管理できます。そして、このソフトには次のような利点も持っています。

それでは、今すぐAppSitterをダウンロードして、iPhoneアプリのアップデートが固まる問題を解決しましょう!

iPhoneアプリのアップデートが固まる時の対策

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > デフォルト画面の上部で「このデバイス上にあるApp」をクリック > アップデートしたいアプリの右にある「アップデート」ボタンをクリックします。

iPhoneアプリのアップデートが固まる

iPhoneアプリのアップデートが固まる

Step 3: Apple IDに対応するパスワードを入力してサインインします。

- 複数のアプリを一括にアップデートしたいなら、アプリを選択した後、右上の「すべてをアップデート」をクリックしてください。

オススメ記事: iTunesでiPhoneアプリをアップデートできない時の対策>

最後に

以上はiPhoneアプリのアップデートが固まる時の対策です。いかがですか?もしiPhoneでアプリをアップデートする時、同じ問題にあったら、ぜひ上記の方法を試してください。また、AppSitterはiPhoneのホーム画面整理も支持していますから、今すぐダウンロード/購入(1960円)して使ってみましょうか!

最後まで読んでありがとうございました。もしこの記事がお役に立ったら、シェアしてくれると嬉しいです。