> App Manager > iPhone・iPadのアプリ本体をPCにダウンロードする方法

iPhone・iPadのアプリ本体をPCにダウンロードする方法

花崎 千恵|2018年05月30日

要約:iPhone上のアプリをPCにダウンロードしてインストールしたいでしょうか?ならば、こちらのページをご参考ください。

いつもiTunesでアプリをダウンロード・インストール・バックアップ・アイコン整理していますが、iTunes 12.7にバージョンアップしてから、アプリの管理機能はなくなって、なかなか使い慣れないです。特に、ある配信停止アプリ、バージョンアップしたくないアプリをPCにダウンロードして保存したいですが、iTunesは利用できなくなって困っています。その場合には、どうすればよいのでしょうか・ここで。iTunesの替わりソフト - AppSitterをおすすめします。おすすめ理由は次の通りです:

AppSitterをおすすめ理由

AppSitterはiTunesに替わるアプリ管理ソフトで、簡単にiPhone・iPad及びiPod上のアプリをPCにダウンロードできます。そして、このソフトは次のようなメリットも持っています:

それでは、さっそく、AppSitterをダウンロードしてお試しください。そして、このソフトは今年の7月にリリースされる予定ですから、乞うご期待ください!

iPhone・iPadのアプリ本体をPCにダウンロードする方法

Step 1:AppSitterをPCにダウンロードしてインストール > iPhone、またはiPadをUSBケーブルで接続します。

Step 2:アプリ管理をクリックして、アプリ管理画面に入ります。

Step 3:PCに保存したいアプリを選択してチェックを入れます。

Step 4:「ライブラリにダウンロード」ボタンをクリックして、iPhone 8/X/7/6s/6/SEのアプリをPCにダウンロードしてインストールできます。

そして、もしライブラリのアプリをiPhoneにインストールしたいなら、「インストール」ボタンをクリックしてインポートしてください。

まとめ

以上はiPhone・iPadのアプリをPCにダウンロード・インストールする方法です。いかがでしたか?そして、実は、AppSitterを利用すると、ファイル共有アプリ中のデータも手軽に抽出できます。さらに、すでに削除されたアプリ本体も復活できます。それでは、さっそく、AppSitterをダウンロードしてお試しください。