> App Manager > 配信終了したアプリをiデバイスにダウンロードする方法

配信終了したアプリをiデバイスにダウンロードする方法

花崎 千恵|2018年05月31日

要約:Apple Storeですでに販売終了アプリを再びiPhoneにダウンロードしたいですか。その時、次のページを参考にしてください。

いつもApple StoreからiPhone・iPadにアプリをダウンロードします。入手したアプリはデバイスから削除しても、Apple側の履歴から何度も無料で再ダウンロードできます。でも、アプリによって、販売終了したこともあります。その場合、Apple Storeで検索してもできなく、ダウンロードできません。そして、iTunes 12.7からiTunesでアプリの管理もできなくなって、iPAファイルも残っていないです。その場合には、それらの配信停止アプリをどのように再びiPhone・iPadにダウンロードしますか?ここで、AppSitterというiPhone・iPad・iPod向けのアプリ管理ツールをおすすめします。

AppSitter - アプリ管理ソフト

AppSitterはiOSデバイス向けのアプリ管理ソフトとして、手軽にアプリをiPhoneにダウンロードできます。そして、配信停止アプリもApple履歴中に見つけてダウンロードできます。さらに、このソフトは次のようなメリットも持っています。

  1. 配信停止アプリをiPhone・PCにダウンロードできます;
  2. Apple IDからすでに削除したアプリもダウンロードできます;
  3. アプリを一括ダウンロードしますか、個別でダウンロードしますか自由に選択できます;
  4. アプリのバージョン、サイズなどの情報も見れます;
  5. ライブラリにダウンロードしたアプリも手軽にiPhoneにインストールできます;
  6. アプリのアイコン整理、削除、インストール、ファイルシェアなど様々な機能も持っています。

それでは、今すぐ、AppSitterをダウンロードしてお試しください。

iPhone・iPadに配信終了したアプリをダウンロードする方法

Step 1:AppSitterをPCにダウンロードしてインストール > iPhone、またはiPadをUSBケーブルで接続します。

Step 2:アプリ管理をクリックして、アプリ管理画面に入ります。

Step 3:画面の上に「このデバイスで購入済みApp」をクリックし、このデバイスですでに購入したアプリが表示されます。

Step 4:配信停止アプリを見つける > 「インストール」ボタンをクリックしてください。しばらくすると、配信終了したアプリはiPhoneにダウンロードしました。

AppSitterですでに購入した配信終了アプリだけダウンロード・インストールできます。

まとめ

以上は配信終了したアプリをiPhone・iPadなどにダウンロードする方法です。いかがでしたか?もし配信・販売終了したアプリはもう一度利用したいなら、AppSitterをダウンロードしてお試しください。そして、もしこの記事についてご共感があれば、シェアしたいただけたら幸いです。