> Files Manager > iPhoneのアプリデータを保存する方法

iPhoneのアプリデータを保存する方法

花崎 千恵|2018年04月10日

要約:iPhoneのアプリデータをPCに保存したいけれど、方法がご存しない方は、この活用ガイド「iPhoneのアプリデータを保存する方法」を参考にしてください。

iTunesをバージョン12.7にアップデートした後、iTunesでアプリを管理できなくなりました。もちろん、アプリデータだけをPCに保存することもできません。でも、もしiPhone上のFiles、Numbers、Pages、Keynote、DocumentsなどのApp中のデータをPCに保存して、閲覧・編集したいなら、どうすればいいのでしょうか?この場合には、AllFilesというソフトがあれば、問題は完全に解決できます。それでは、このソフトをご覧ください。

AllFilesとは

AllFilesとは、業界初iOSデバイス上のファイル管理に特化したデスクトップ向けソフトウェアとして、ローカルファイルからクラウドファイルまで、1つにまとめて管理できます。そして、このソフトは以下の特長も持っています:

  1. 手軽にiPhoneのアプリデータをPCに保存できます;
  2. アプリデータだけをPCに保存するだけでなく、あるアプリのあるファイルだけも保存でき、自在自由です;
  3. ドラッグ&ドロップだけで、iPhone上のアプリデータをPCに保存、その以下の手順は一切必要ないです;
  4. iPhone上の他のデータは上書きされなく、紛失されなく、安全性をしっかり保証できます;
  5. このソフトのベータ版は完全に無料で利用できます。

それでは、さっそく、このソフトのベータ版をダウンロードして、iPhoneのアプリデータをPCに保存しましょう。その機能はMicrosoft、iMovie、Pages、Keynote、ファイルマネージャー、Kindle、GarageBand、Clipboxなどのファイル共有をサポートするアプリだけ利用できます。

iPhoneのアプリデータをPCに保存する方法

Step 1:AllFilesをダウンロード/インストール/起動する > メインインタフェースでiPhoneの名称をクリックしてください。

iPhoneのアプリデータをPCに保存する方法

iPhoneのアプリデータをPCに保存する方法

Step 2:「アプリ」をクリックしてください。

iPhoneのアプリデータをPCに保存する方法

iPhoneのアプリデータをPCに保存する方法

Step 3:その中のアプリを選択してクリックしてください。ここで、Numbersを例にします。

iPhoneのアプリデータをPCに保存する方法

iPhoneのアプリデータをPCに保存する方法

Step 4:アプリデータをプレビューしならが選択して、PCにしてください。そして、右にある「PCへ転送」ボタンをクリックしたら、iPhone上のアプリデータもPCに保存できます。

まとめ

以上はiPhoneからアプリデータをPCに保存する方法です。いかがですか?実は、AllFilesを利用して、アプリデータだけでなく、そのローカル中のドキュメントも1つのフォルダにまとめて管理できます。それでは、さっそく、AllFilesベータ版をダウンロードして無料利用して初めましょう!