> Backup Restore > iPhoneバックアップの場所を変更する方法

iPhoneバックアップの場所を変更する方法

南 詩織|2018年08月15日

要約: iTunesでiPhoneをバックアップする時、バックアップをCドライブで保存していますから、容量が圧迫されています。なので、ここで、iPhoneバックアップの場所を変更する方法を詳しくご紹介します。

iPhoneバックアップの場所を変更する方法

iPhoneバックアップの場所を変更する方法

iPhoneを丸ごとバックアップしたい時、iCloudとiTunesを利用するのは一般です。iCloudを使ったら、バックアップをクラウドに保存しますが、iTunesでバックアップをCドライブに保存します。だが、もしiPhoneで多くのデータがあれば、バックアップサイズも大きいですから、PCの容量を圧迫しやすいです。なので、今回は、iPhoneバックアップの場所を変更する方法をご紹介します。その前に、まず、必要なソフト-BackupNinjaというソフトを一緒に見てみましょう!

BackupNinjaとは

BackupNinja(バックアップ・ニンジャ)とはiOSデバイス向け専門的なバックアップソフトで、利用すると、自分の必要に応じてバックアップ先を選択して変更することができます。そして、このソフトは以下のようなメリットがあります。

それでは、今すぐBackupNinjaをダウンロードして、iPhoneバックアップの場所を変更しましょう!

iPhoneバックアップの場所を変更する方法

Step 1: BackupNinjaをダウンロード&インストール&起動します。

Step 2: ホーム画面で左側のバックアップをクリック > iPhone 5をUSBケーブルでパソコンと接続します。

iPhoneバックアップの場所を変更する方法

iPhoneバックアップの場所を変更する方法

Step 3: 「バックアップ先を選択」項目の右にある「再設定」ボタンをクリック > ダイアログでバックアップ先を選択して「OK」をクリック > 「バックアップする」をクリックして場所を変更してiPhoneをバックアップします。

iPhoneバックアップの場所を変更する方法

iPhoneバックアップの場所を変更する方法

- 今公開されたのは当該ソフトのベータ版(Windows)だけですが、正式版は2018年9月27日に配信が予定されるので、乞うご期待ください!

最後に

以上はiPhoneバックアップの場所を変更する方法です。いかがですか?もしiPhoneのバックアップをCドライブ以外に保存したいなら、今すぐBackupNinjaをダウンロードして使ってみてください。最後まで読んでありがとうございました。もしこの記事がお役に立てれば、シェアしてくれると嬉しいです。