> Backup Restore > 3つの方法でiPhoneを手動にバックアップする

3つの方法でiPhoneを手動にバックアップする

南 詩織|2018年09月25日

要約: iPhone内のデータを手動にバックアップしたいが、方法がわからないですか?ここで、3つの方法をまとめてご紹介します。

iPhoneを手動にバックアップ

iPhoneを手動にバックアップ

万が一に備えて、iPhoneをバックアップしたほうがいいです。そうすると、デバイスを交換、紛失、損失した場合もデータが保存しているので安心です。それでは、iCloudでiPhoneを毎日自動でバックアップするの他に、好きな時にiPhoneデータを手動でバックアップしたい場合に、どうすればよいですか?この記事では、3つの方法をまとめて紹介していますから、参考になさってください。

iPhoneを手動にバックアップするする方法

方法一: BakupNinjaでiPhoneを手動にバックアップする

BakupNinjaとはiPhone・iPad・iPod touch向け専門的なバックアップと復元ソフトで、利用すると、1つのソフトですべてのバックアップ・復元シーンに対応できます。そして、このソフトは次のようなメリットを持っています:

それでは、一度BakupNinjaをダウンロードして、iPhoneをもっと自由に手動でバックアップしましょう!また、このソフトの正式版は9月27日に配信が予定されるので、乞うご期待ください!

Step 1: BakupNinjaをダウンロード&インストール&起動します。

Step 2: 画面の左側の「バックアップ」ボタンをクリック > iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。

iPhoneを手動にバックアップ

iPhoneを手動にバックアップ

Step 3: デフォルトの「完全バックアップ」画面で、必要があれば、保存先を選択して変更、または暗号化を選択して設定 > 「バックアップする」をクリックしてiPhoneを手動でバックアップします。

iPhoneを手動にバックアップ

iPhoneを手動にバックアップ

方法二: iTunesでiPhoneを手動にバックアップする

iTunesでiPhoneを手動にバックアップすることもできますが、保存先を自由に選択したバックアップすることはできません。なので、もし保存先をCドライブ以外の場所で設定したいなら、方法一をおすすめします。

Step 1: iTunesを起動 > iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > をクリックして管理画面に入れます。

Step 2: 「手動でバックアップ/復元」項目で「今すぐバックアップ」をクリック > 完了したら、「適用」ボタンをクリックしてください。

iPhoneを手動にバックアップ

iPhoneを手動にバックアップ

方法三: iCloudでiPhoneを手動にバックアップする

もしiPhoneをクラウドにバックアップしたいなら、iCloudを利用してください。そして、手動でiPhoneをバックアップする方法は以下のようになります:

手順: iPhoneで「設定」>「名前」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」の順でタップ > 「iCloudバックアップ」を右にスライドして有効になる > 「今すぐバックアップを作成」をタップしてiPhoneを手動でバックアップします。

iPhoneを手動にバックアップ

iPhoneを手動にバックアップ

だが、iCloudの無料容量は5GBだけで、もしiCloudバックアップがサイズが空き容量を超えたなら、バックアップできません。従って、もしiCloudの空き容量が足りないなら、方法一をおすすめします。

最後に

以上はiPhoneを手動にバックアップする3つの方法です。どうでしょうか?もし保存先を選択してiPhoneをバックアップしたいなら、ぜひBanckupNinjaをダウンロードして使ってみてください。以上、参考になれば幸いです!サービスに関して、ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。