> App Manager > LINEアプリをアップデートする方法

LINEアプリをアップデートする方法

花崎 千恵|2018年06月25日

要約:バージョンアップしてからの不具合に備えて、いつでも旧バージョンに戻れるため、iPhoneのLINEをバックアップしてからアップデートする方法をご紹介します。

LINEアプリは頻繁に更新して、様々な機能は追加されたり、仕様が変更されたりしてきます。毎回の更新に、アップデートしたいですが、不具合が怖がれ、アップデートするか迷っています。なので、このような悩みを抱えている方に、LINEアプリをバックアップしてからアップデートする方法をご紹介します。だがその前に、まずは必要なソフト - AppSitterをご説明します。

AppSitterとは

AppSitterとはデバイス向けのアプリ管理ソフトで、手軽にiPhone・iPad・iPod上のアプリを管理できます。そして、このソフトそ利用して、ラインアプリだけをアップデートできます。さらに、以下のメリットも持っています:

  1. LINEアプリ本体をバックアップしてから、アップデートでき、いつでも旧バージョンに戻れる
    アップデートする際、アップデート情報、バージョンなども見ることができる
    LINEだけでなく、他のソフトにも一括アップデートでき、非常に便利
    無料で利用できる

そこで、LINEアプリをアップデートするため、AppSitterをダウンロードしてみてください。そして、このソフトは7月にリリースされますから、ご期待ください。

LINEアプリをバックアップしてからアップデートする方法

Step 1:ソフトをダウンロードしてインストールします > iPhone・iPad・iPodをUSBケーブルで接続します > ソフトを起動します。

Step 2:「アプリ管理」項目をクリックして、アプリ管理画面に入ります。

Step 3:「このデバイスで購入済みApp」をクリックします > LINEを探して「ダウンロード」をクリックしてLINEアプリをライブラリにバックアップしてください。

Step 4:バックアップしてから、「このデバイスにあるApp」をクリックして、「アップデート」ボタンをクリックしてください。

まとめ

すると、LINEアプリをバックアップしてからアップデートしました。バージョンアップしても、いつでも旧バージョンに戻って利用できます。それでは、さっそく、このソフトをダウンロードして試してみませんか。そして、このソフトを利用して、他のアプリもアップデートできます。