> Files Manager > iPhone/iPadのiBooksにあるPDFファイルをPCに転送する方法

iPhone/iPadのiBooksにあるPDFファイルをPCに転送する方法

花崎 千恵|2018年04月08日

要約:iBooksのPDFファイルをパソコンで読んだり、編集したりしたいでしょうか。次のガイドを参考にして、iPhone/iPadのiBooksに保存したPDFをパソコンに転送・移動する方法をマスターしましょう!

Q:iPhoneからiBooksにダウンロードしたPDFをパソコンに転送する方法はないのでしょうか?

iOS 9以降のiPhone・iPad・iPodでSafariに開いたウェブサイトをPDFに保存することができます。この機能の追加とともに、ウェブサイトの内容を簡単に記録でき、PDFファイルとしてiPhoneなどのデバイスに保存・閲覧・編集できます。が、知らないうちに、デバイスにあるPDFが段々多くになり、容量を圧迫しています。そして、PDFファイルもパソコンで大きな画面で読んだり、編集したりしたいです。

上述の状況になったとしたら、どうすればよいのでしょうか?iOS 11以降、iTunesでブックの管理もできなくなって困っています。そこでここで、iOS 11及びその以降のデバイスでブックを管理するには、AllFilesのご利用をオススメします。

AllFilesとは

AllFilesとはiOS純正「ファイル」アプリに代わるファイルマネージャーで、超シンプルな手順でiPhone/iPod/iPadのiBooksに保存していたPDFファイルをパソコンに転送。移動できます。そして、このソフトはWindowsだけでなく、Macにも対応しております。さっそく、このソフトを見てみましょう:

  1. ドラッグ&ドロップして、iBooks中のPDFをパソコンに転送でき、初心者にもすぐできます;
  2. PCに転送する前、PDFファイルをパソコンで読むことができ、誤操作などは防止できます;
  3. ショットキーでPDFを一括/複数選択でき、必要なPDFだけをパソコンに転送できます;
  4. iPhone/iPod/iPadとパソコン双方向でPDFを転送でき、非常に便利です;
  5. このソフトには無料試用版があります。

それでは、一緒にAllFilesをダウンロードして、iPhone/iPod/iPadのiBooksに保存しているPDFファイルをパソコン(Mac・Windows)に転送してみましょう。

iPhone/iPadのiBooksにあるPDFファイルをPCに転送する方法

Step 1:AllFilesをダウンロードして起動する > iPhone/iPadをUSBケーブル接続する > メインインターフェースで「デバイスマネージャ」下のiPhoneをクリックして、フォルダごとのデータ管理画面に入ります。

iPhone/iPadのiBooksにあるPDFファイルをPCに転送する方法

iPhone/iPadのiBooksにあるPDFファイルをPCに転送する方法

Step 2:「ブック」を選択してダブルクリックしてください。

iPhone/iPadのiBooksにあるPDFファイルをPCに転送する方法

iPhone/iPadのiBooksにあるPDFファイルをPCに転送する方法

Step 3:パソコンに転送したいiBooksのPDFファイルを選択して、右上にある「PCへ転送」ボタンをクリックすると、iPhone/iPadのiBooksにあるPDFファイもPCに転送できます。

iPhone/iPadのiBooksにあるPDFファイルをPCに転送する方法

iPhone/iPadのiBooksにあるPDFファイルをPCに転送する方法

- パソコンに転送したいPDFファイルを選択して、PCにドラッグ&ドロップしても、iPhone/iPadのiBooksに保存しているPDFファイルをPCに保存できます。

- 右上にある「閲覧」ボタンをクリックすると、iBooks中のPDFファイルをパソコンで読むことができます。ボタンをクリックしたら、PDFファイルをPCへの転送状況をチェックできます。

まとめ

以上で、iPhone/iPadのiBooksに保存しているPDFファイルをPCに転送する方法のご説明は終わります。ご参考になれば嬉しいです。実は、AllFilesを利用して、PDFファイルだけでなく、ワード、ePubファイル、テキスト、音楽、ビデオ、写真、アプリデータ、エクセルなど殆どのデータをPCに転送できます。それでは、さっそく、AllFilesをダウンロード/購入(980円)して試してみませんか。

そして、もしこの記事はお役に立ちましたら、TwitterやFacebookでシェアしていただけたらと思っています。