> Topic > iCloudバックアップに時間がかかりすぎる時の対処法

iCloudバックアップに時間がかかりすぎる時の対処法

南 詩織|2018年05月11日

要約: iCloudを利用してiPhoneをバックアップできますから、便利ですが、時間が長くすぎると困っています。このガイドはiCloudバックアップに時間がかかりすぎる時の対処法をまとめて解説しています。

iPhoneに保存している書類、写真、動画、または連絡先などの大切ばデータをiCloudにバックアップしたら、クラウドで安全に保管できますから、便利です。だが、iCloudでのバックアップの時間がかなり遅いのはよく発生しています。長い時間をかけてもバックアップが終わらないと困っていますね。ですから、本記事はiCloudバックアップに時間がかかりすぎる時の対処法をまとめて解説しますので、参考になさってください。

iCloudバックアップに時間がかかりすぎる時の対処法

方法1: 高速&安定なWi-Fiネット環境でバックアップする

iCloudでバックアップする時、Wi-Fiと接続するのは必要ですから、Wi-Fiのネット環境が不安定であったら、バックアップ時間が長くなりやすいです。従って、高速&安定なWi-Fiネットワークを利用してiPhoneをバックアップするのは必要です。

方法2: バックグラウンドで動いているアプリを閉じる

バックグラウンドで動いているアプリがWi-Fiの通信を邪魔するかもしれないから、iCloudでバックアップする時、裏で動いているアプリをすべて閉じてください。手順は以下のようになります。

ホームボタンを2回でタップして、アプリに指を当てて上にスライドします。

iCloudバックアップに時間がかかりすぎ

iCloudバックアップに時間がかかりすぎ

方法3: 要らないデータを削除する

バックアップするデータが多すぎると、iCloudでのバックアップ時間がかかりすぎます。なので、バックアップする前に、iPhoneで要らないデータを削除したほうがいいです。特に、写真や動画のサイズが大きいから、多くなると、バックアップする時長い時間をかけます。

方法4: 不要なバックアップをオフにする

iCloudのバックアップ設定で、そんなに大切ではないデータをオフにすると、バックアップの時間を短縮できますから、以下の該当する手順を進めてください。

Step 1: iPhoneで「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「ストレージを管理」>「バックアップ」という順でタップします。

Step 2: バックアップ不要なアプリを左にスライドしてオフにします。

iCloudバックアップに時間がかかりすぎ

iCloudバックアップに時間がかかりすぎ

方法5: ほかのバックアップ方法を使う

以上の方法を使ってもiCloudでのバックアップ時間もかかりすぎると、ほかのバックアップ方法を使ってiPhoneをバックアップしてみてください。例えば、USBケーブルを使ってパソコンと接続した後、iTunesを利用してiPhoneをバックアップします。

また、もし必要なデータだけをバックアップしたいなら、AllFilesというソフトをおすすめします。ドラッグ&ドロップだけでiPhone上の各種データをPC、iCloud Drive、Dropboxに転送してバックアップできますから、簡単かつ便利です。詳しくこちらへ: アイフォンをバックアップするやり方>

最後に

以上はiCloudバックアップに時間がかかりすぎる時の対処法です。もし同じ問題にあったら、ぜひ以上の対処法を使ってみてください。最後まで読んでくれてありがとうございます。ご参考にしていただけれますと幸いです。