> ニュースリリース > iPhone XS/XS Max/XRは120Hzディスプレイを搭載したが、リフレッシュレートではない

iPhone XS/XS Max/XRは120Hzディスプレイを搭載したが、リフレッシュレートではない

2018年09月14日| iPhoneUtility
iPhone XS/XS Max/XRディスプレイ

iPhone XS/XS Max/XRディスプレイ

昨日に発表されたiPhone XS、iPhone XS Max及びiPhone XR、この3つの新型iPhoneモデルは全部120Hzディスプレイを搭載しています。「120Hz」に胸が躍るゲーマーもいるでしょうが、これは一般常識で言われている120Hzリフレッシュレートではないようです。

iPhoneディスプレイス仕様

iPhoneディスプレイス仕様

海外メデイアPhoneArenaからの情報によれば、iPhone XS、iPhone XS Max及びiPhone XRは120Hzリフレッシュレートのディスプレイを搭載したわけではないことが判明しました。もちろん、Appleは嘘をついているわけでもありません。iPhone XS、iPhone XS Max及びiPhone XRは確かに、タッチサンプルレートが120Hzとなっており、iPhone 8以前の60Hzより2倍も細かくサンプリングされているそうです。そして、iPhone Xと同じく正確で滑らかなタッチ操作が期待できます。しかし、ディスプレイのリフレッシュレートは従来と同じで60Hzとなっています。業界には120Hzリフレッシュレートディスプレイを搭載しているスマートフォンはRazer Phoneだけで、Apple製品ラインナップの中にiPad Proが搭載しているだけです。
関連記事:

iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRを買うべきか?次回を待つべきか?徹底解析

新iPhoneのリリース後に、まさかのApple株が下がる!

iPhone XS、iPhone XS MaxとiPhone XRどっちを買うべきか?徹底比較

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com