> Backup Restore > iCloudの自動バックアップを設定する方法

iCloudの自動バックアップを設定する方法

南 詩織|2018年10月26日

要約: iCloudにデバイスをバックアップすると、データをクラウドで安全に保存できます。そして、もし自動的にバックアップしたいなら、どうすればいいですか?ここで、iCloudの自動バックアップを設定する方法をご紹介します。

iCloud自動バックアップを設定

iCloud自動バックアップを設定

iPhone/iPad/iPod touch内に写真、メッセージ、連絡先やメモなどの大切なデータを保存していますか?重要なデータですが、バージョンアップ、デバイスの紛失や故障、自分の誤操作でなくなったこともよく発生しますから、バックアップしたほうがいいです。そして、iPhoneのバックアップについて、パソコンを持っていない場合に、iCloudをよく利用しています。特に、iCloudで自動バックアップ機能が提供されていますので、とても便利です。なので、今回の記事では、iCloudの自動バックアップを設定する方法をご紹介します。

iCloudの自動バックアップを設定する方法

Step 1: iCloudの自動バックアップを有効したいなら、まず、iPhone/iPad/iPod touchでiCloudバックアップを有効してください。「設定」>「名前」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」という順でタップした後、右にスライドしてオンにします。

Step 2: 自動バックアップを有効したいなら、次のような3つの条件があり: 電源に接続され、Wi-Fiに接続され、ロックされます。そうすると、デバイスのデータが自動的にiCloudにバックアップできます。

追加Tip:

iCloudの自動バックアップが便利な機能ですが、5GBの無料容量だけ、いつの間にか空き容量が足りなくなりやすいです。なので、ここで、もう1つの自動バックアップをおすすめします。それは、BackupNinjaというソフトを利用してデバイスをパソコンに自動バックアップします。

BackupNinjaとはiOSデバイス向けの専門的なバックアップソフトで、利用すると、手軽にiPhoneのデータをパソコン・USBメモリ・SDカードなどにバックアップできます。そして、このソフトは次のようなメリットがあります:

1.パソコンにiOSデバイスのデータを自動的にバックアップでき、定期的にバックアップできる。

2.バックアップ先を自由に選択できるので、自由自在にバックアップできる。

3.スケージュールバックアップが提供されるので、自分でバックアップ時間を設定できる。

4.Wi-Fi経由で自動バックアップできるので、安心かつ簡単である。

5.無線バックアップだけでなく、完全&差分バックアップも支持している。

6.無料機能ですから、料金を払う必要がない。

Step 1:BackupNinjaを起動 > iPhoneとパソコンを同じWi-Fi环境に接続 > 「無線バックアップ」を選択します。

Step 2:スケジュールバックアップとバックアップ先の設定を確認 > 「バックアップ」ボタンをクリックします。その以降、同じWi-Fi环境に接続したら、iPhoneを自動的にパソコンにバックアップできます。

もしiCloudの容量不足に困っていますなら、パソコンにデバイスのデータを自動バックアップのをおすすめします。それでは、さっそくこのソフトをダウンロードして使ってみましょう!

最後に

以上はiCloud自動バックアップを設定する方法です。どうでしょうか?もしiCloudの自動バックアップを利用したいなら、ぜひ上記の方法を使ってみてください。または、BackupNinjaでパソコンへの自動バックアップも支持していますから、おすすめします。最後まで読んでありがとうございます。この記事がお役に立てれば、シェアしてくれると嬉しいです。