> Topic > iPhoneでiMessageはSMSになる原因と対処法

iPhoneでiMessageはSMSになる原因と対処法

花崎 千恵|2018年05月29日

要約:iPhoneでiMessageのつまりですが、SMSに切り替わって課金されましたか?その場合には、当ページを読んで、解决策を探しましょう!

iOS 5からiMessageが追加され、これを利用すると、iPhone同士ならば、ネット環境があれば、通信料を払わなくても、メッセージ、写真、絵文字などを送受信でき、すごく便利です。しかし、いつも順調に送れたiMessageはいきなりSMS/MMSになって送信して、課金されました。それはなぜなのでしょうか?どうすれば解决できますか?下記は、iPhoneでiMessageがSMSになった時の対処法を分かりやすくご紹介します。

Part 1:iPhoneでiMessageはSMSになる原因

iPhoneでiMessageがいきなりSMSになるのは主に以下の4つの原因と考えられます。

1.設定

2.相手はiMessageに対応していない

3.電波環境がよくない

4.Appleのデフォルト設定

5.Appleのサーバトラブル

標準搭載アプリ「メッセージ」では、SMS / MMS / iMessageを使ってメールができます。一見似ている3サービスですが、送信できるデータや、通信料が大きく異なります。これからこの3つのものの違いを見分けましょう。

①、SMS

SMSとは、相手の電話番号が分かれば送信できるテキストメッセージです。70字程度の文字や絵文字を送ることができますが、件名を付けることはできません。SMSの送信料はパケット定額の適応外です。プランによって、同じキャリア同士は無料ですが、他のキャリアに送る際は料金(およそ3円/1通)がかかります。 詳しい料金は各キャリアのホームページにで確認してください。

②、MMS

MMSは携帯メールで、「@ezweb.ne.jp」や「@softbank.ne.jp」などのアドレスを使用して、文字、絵文字、件名、写真、動画などのデータを送ることができます。MMSの送受信にはパケット定額が適応されます。料金はメールのデータ量によって変わります。そして、docomoはMMS非対応ですから、ご注意ください。

③、iMessage

iMessageはAppleが提供しているメッセージサービスで、iPhone、iPad、iPod touch、Mountain Lion以降を搭載したMacでネット环境があれば、簡単に文字、絵文字、件名、写真、動画などのデータをリアルタイムで送ることができます。

Part 2:iPhoneでiMessageはSMSになる対策

iPhoneでiMessageはいきなりSMSになった場合には、どうすれば解决できますか?ここでは、iMessageはSMSになった時の対策を順次にご説明します。

方法 1:自分側のiMessageをオンにするか確認してください

「設定」アプリを開く > 「メッセージ」をタップ > iMessageをオンにするか確認してください。

iPhoneでiMessageはSMSになる原因と対処法

iPhoneでiMessageはSMSになる原因と対処法

方法 2:iMessageをアクティベートしたか確認してください

時には、アクティベートしないなら、iMessageをオンしても、iMessageで送信する際、SMSになっています。特に、機種変更してから、iMessageのアクティベートが忘れやすいです。なので、機種変更してから、iPhoneでiMessageはSMSになったら、この項目を確認してください。

「設定」アプリを開く > 「メッセージ」をタップ > iMessageをアクティベートにするか確認してください。アクティベートしないなら、iMessageをオフにしてから、再びオンにして、アクティベートしてください。

方法 3:相手側はiPhoneを使っているか、及びiMessageをオンにするかを確認してください

方法 4:できるだけ電波のよいところでiMessageを送ってください

iMessageを送受信するには、ネット環境が必要です。でも、地下鉄の車内など、電波環境の良くない環境では、送信するなら、iMessageを送らなくなって、SMSになった可能性が高いです。なので、iMessageを送受信する際、SMSになったことを避けるため、できるだけWi-Fi、または4G/LTE环境でiMessageを送ってください。

方法 5:iPhoneのデフォルト設定を変更してください

iPhoneのデフォルトで、iMessage が利用できない場合は SMS でメッセージを送信します。このため、通信状況によっては、iMessage に切り替わった表示になっても SMS で送信されることもありそうです。なので、その時には、メッセージで「SMSで送信」をオフにしておいください。でも、これを変更すると、iMessageでも送信できません。

方法 6:Appleサポートへお問い合わせ

AppleのサーバトラブルでiMessageがSMSになったら、 Appleサポートへお問い合わせください。

まとめ

以上はiPhoneでiMessageはSMSになる原因と対処法です。もしあなたもこのようなことにあったら、ぜひ上述の方法を利用してください。

また、もしこの文章はお役に立ちましたら、嬉しいです。また、この記事に共感を持ったら、FacebookやTwitter、Google+に共有してもよろしいでしょうか。