> ニュースリリース > サードパーティ製のUSB-C Lightningケーブルは2019年に到着予定

サードパーティ製のUSB-C Lightningケーブルは2019年に到着予定

2018年09月06日| iPhoneUtility

Apple独自の電源コネクタLightningケーブルはサードパーティに許可し販売することが最終的な準備を進めているようです。

USB-C Lightningケーブル

USB-C Lightningケーブル

同社は最近、MFi(iPhone / iPad / iPod用)プログラムでライセンシーに通知するようになったとメデイアMacotakaraが報じています。この技術は、Appleが2018年5月に独自のケーブルの新しい繰り返しを導入した「C94」Lightningコネクタを必要としていると言われています。サードパーティのUSB-Cケーブルは、USB Power Delivery規格が18Wの場合に18ワットの電力を供給できます。

サードパーティのUSB-Cケーブルは、iPhoneとiPadのユーザーにとっては歓迎すべき救済になるでしょう。Appleはしばしばファーストパーティのアクセサリに高いプレミアムを請求します。3.3フィートのUSB-CからLightningケーブルは19ドル、6.6フィートのケーブルは35ドルです。Ankerの6フィートのUSB-AからLightningケーブルは、比較してわずか8.99ドルです。

ほとんどのMacではUSB-Cがデファクトになっており、Windowsコンピュータ上で牽引されています。また、ハブやウォールアダプタなどの製品でも頻繁に使用されています。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com