> ニュースリリース > Appleの新しい特許出願:Touch IDとFace IDの同時搭載を証明

Appleの新しい特許出願:Touch IDとFace IDの同時搭載を証明

2018年12月19日| iPhoneUtility

Face ID機能はiPhone X上にデビューして以来、Appleの最新のiPhoneやiPadにも採用されてきました。今後のAppleデバイスの定番機能だと思われていますが、Appleの新しい特許出願はもう一つのソリューションTouch IDとFace IDの同時搭載を証明しています。

Touch ID

Touch ID

Touch IDとFace IDの同時搭載するAppleの新しい特許出願は、1月に欧州に提出され、木曜日に公開されました。典型的に密集した特許言語で書かれ、バイオメトリクス認証を実装するさまざまな方法を説明しています。これは、Apple WatchでのFace IDを含む、多くの基礎をカバーする広範囲の特許です。その主な結論の1つは、生体認証がユーザにとって不便であるという事実です。

しかし、それはAppleのユーザーにとって最も興味深いかもしれない、特許の深いところに埋もれている小さな部分です。1つのバイオメトリック認証方法が失敗した場合、「代替認証形式」の使用について説明します。

基本的に、この特許は、同じ認証方法を再度使用する不便さを軽減する方法として、または最初の試みが失敗した場合にパスコードを入力することに頼っています。

さらに興味深いのは、Face IDが失敗した場合にデバイスにログインするための方法として、特許に含まれる人物がTouch IDを具体的に言及しているという事実です。それはFace IDとTouch IDの両方を持つiPhoneを示唆しています。

この特許出願は、Appleが少なくとも両方の認証方法をデバイスに含めることを検討したことを示唆しています。それはiPhone Xのデビューから数ヶ月後に1月に提出されました。

デバイスに複数の認証方法を持たせることで、ユーザーにとって多くのメリットがもたらされます。

たとえば、ユーザーが顔を隠すようなものを身につけている場合や、Face IDを使用するのが不都合な状況にある場合、Touch IDに訴えることができます。

同様に、両方のシステムを持つと、機密性の高い金融取引や口座へのログインに使用できる非常に安全な二重認証につながる可能性があります。

特許ダイアグラムはほんの一例に過ぎないことは注目に値します。AppleがTouch ID付きの新しいiPhoneを将来リリースすれば、ディスプレイに何らかの種類のディスプレイの指紋センサーが使用されることはほぼ確実です。

もちろん、Appleは多くの特許を申請しており、将来の消費者向けの技術を保証するものではありません。

しかし、Touch IDとFace IDの両方を持つiPhoneは確かに可能であり、この特許出願はAppleが実際にそのような解決策を検討していることを明らかにしています。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com