> ニュースリリース > iPhone 9は最も薄型のLEDチップを採用し、顎が2mmまで!

iPhone 9は最も薄型のLEDチップを採用し、顎が2mmまで!

2018年07月11日| iPhoneUtility
iPhone 9

iPhone 9

最近のリーク情報によれば、Appleは今年に3つの新型iPhoneをリリースするそうです。iPhone 6以来のデザインを変えてiPhone Xをリリースし、人気を博しましたが、iPhone Xの高価は消費者の買い物欲を抑えているため、今年に安価版な6.1インチLCD iPhone 9をリリースするわけです。

海外メデイアDigitmesの報道によれば、日本メーカーNichiaはAppleに0.3t LEDチップを提供すると指摘しました。そして、これらの0.3t LEDチップは今年第三四半期にリリースされる6.1インチiPhone 9のLTPS-LCDパネルに搭載されるそうです。0.3t LEDチップを搭載したLTPS-LCDパネルはiPhone 9の顎の幅を2.0~2.5mmまで減らします。比較として、前に採用した0.4t LEDチップは4.0~4.5mmでした。

また、サプライチェーンからの情報によれば、新しいiPhone 9は今月に試産を始め、8月に小規模な量産に入り、9月になれば全面的な量産を開始するそうです。

関連記事:

謎の「iPhone11,2」はGeekbench4サイトに出現:A11Xプロセッサを搭載模様

LCD版iPhone値下げ情報:3D再構築モジュールのコストが15%下げる

6.1インチLCDディスプレイのiPhone X外観リーク:ノッチがより広く

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com