> ニュースリリース > iOS 12.1からの証拠:新しいiPad Pro2018はUSB-Cを採用し、4K出力に対応

iOS 12.1からの証拠:新しいiPad Pro2018はUSB-Cを採用し、4K出力に対応

2018年09月20日| iPhoneUtility
新しいiPad Proリーク

新しいiPad Proリーク

開発者Steven T-S氏によれば、iOS 12.1をインストールした後に、XcodeのiOSシミュレーターで4K外部付けディスプレイのサポートが現れたそうです。今までのiOSデバイスはHDMIコネクタを通じてテレビやモニターに出力することがなかったため、新しいiPad Pro2018モデルはUSB Type-Cコネクタを採用して4K出力に対応したと考えられています。

新しいiPad Proリーク

新しいiPad Proリーク

実際、KGI証券の名アナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏は、2018年にリリースされる新型iPad Proには新しいUSB Type-Cコネクタを採用し、長年使ってきたLighting端子を放棄すると予測しました。Appleは2016年のMacモデルでUSB Type-Cコネクタを採用しましたが、他のiOSデバイスでもまだ搭載していません。

新しいiPad Proリーク

新しいiPad Proリーク

最新のリーク情報では、Appleは10月に新しいiPad Proをリリースする可能性が高いと見られています。しかし、発表会が行われるかどうかはまだ不明ですが、もし行う場合は、新しいiPad Proの他に新型Mac Proや新型Mac miniが登場する可能性も高いと思います。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com