> ニュースリリース > Apple:MacBook Pro 2018のアンダークロックバグは最新のmacOSパッチで修正

Apple:MacBook Pro 2018のアンダークロックバグは最新のmacOSパッチで修正

2018年07月25日| iPhoneUtility

先週発見されたAppleの最新の2018 MacBook Proに影響を及ぼすパフォーマンスの問題は、システムの熱管理ソフトウェアの欠陥として特定され、Appleはバグを修正するmacOSパッチを公開しました。

MacBook Pro 2018

MacBook Pro 2018

AppleはMacBook Pro 2018が過熱でアンダークロックしてしまうバグを認め、以下のように述べました:

「数多くの作業負荷で幅広い性能テストを実施した結果、熱管理システムに影響を与えるファームウェアにはデジタルキーがないことがわかっており、新しいMacBook Proの熱負荷の下でクロック速度を低下させる可能性があります。macOS High Sierra 10.13.6 Supplemental Updateにはバグ修正が含まれています。」

「新しいシステムで最適な性能を発揮できなかったお客様には、お詫び申し上げます」とAppleは付け加えました。 「当社のウェブサイトのパフォーマンス結果に見られるように、新しい15インチMacBook Proは最大70%速く、Touch Bar搭載の13インチMacBook Proは最大2倍高速になると期待できます。

実際、メデイアAppleInsiderが最新のmacOS High Sierra 10.13.6アップデート前後のテストを行った結果、MacBook Pro 2018のアンダークロックバグは確かに修正しているようです。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com