> ニュースリリース > ブルームバーグ:MacBook&iPad ProのアップグレードはWWDC 2018に出ない

ブルームバーグ:MacBook&iPad ProのアップグレードはWWDC 2018に出ない

2018年06月01日| iPhoneUtility

現地時間6月4日のAppleのWWDC 2018基調講演で重要な発表があるはずですが、MacBook&iPad Proのアップグレードはおそらく見れないだろうと昨日に報告されました。

MacBook

MacBook

AppleはMacBook Proと12インチMacBookの新モデルとMacBook Airの代替品を開発している、とブルームバーグ筋は伝えています。しかし、Appleが去年同じ月にMacBookを最後にリフレッシュしたにもかかわらず、これらのどれも、2018年の後半まで出荷される予定はありません。

ブルームバーグによれば、Face IDの更新されたiPad Proもそのようで、開発していますが、WWDC 2018に登場されることがありません。

WWDC 2018でソフトウェア発表には、不特定の「デジタル・ヘルス」イニシアチブのような「iOS 12」のアップグレード、通知の管理の強化、「ARKit 2.0」の導入などが含まれます。AppleがMacにiOSアプリケーションを投入しようとしていると噂されていますが、それは不確実です。

これらをアップグレードすると、少なくとも一部のMacBookはIntelのより高速なCoffee Lakeプロセッサーに移行する予定で、Face IDをサポートするためにTrueDepthカメラを採用するでしょう。

情報元:appleinsider

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com