> ニュースリリース > iPhone X Plusプロトタイプリーク:6.5インチ、解像度1242 x 2688

iPhone X Plusプロトタイプリーク:6.5インチ、解像度1242 x 2688

2018年06月08日| iPhoneUtility

AppleはWWDC 2018でハードウェアを発表しなかったことが残念ですが、2018年新型iPhone(暫定iPhone X Plus)の情報を把握するには必ず9月まで待つことでもありません。アナリスト、サプライチェーンを除き、Appleのテスト用プロトタイプ機を情報リークの一環でもあります。

iPhone X Plusコンセプト

iPhone X Plusコンセプト

BGRの報道によれば、同サイトはGoogle Analyticsツールを利用し、最近iOS 12を搭載したデバイスの量がどんどん増えていいるそうです。これは、AppleのプロジェクターはWWDC 2018開催前に大量の違うデバイスをiOS 12のテストを行っていたと推測できます。使用されたデバイスの中にiPhone X Plusの姿が現れたのようです。

BGRデータ

BGRデータ

サイズが414 x 896となるデバイスが発見されました。UIKitサイズ414 x 896を解像度に換算したら、1242 x 2688となります。このデバイスは現状にあるiPhoneやiPadとどのモデルとも違います。このデバイスは幅がiPhone 7/8 Plusと同じですが、より長いと見られます。これは紛れもなく2018年新型iPhoneとなり、iPhone X Plusとなる可能性も高いと考えられています。

BGRデータ

BGRデータ

関連記事:

iPhone 8sコンセプト画像:ブルー、イエロー、ピンク配色

iPhone X Plus噂:サイズがiPhone 8 Plusとほぼ同じで、iOS 12&Face IDをサポート

2018年iPhone X Plusはトリプルレンズカメラを搭載する?

情報元:macx

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com