> ニュースリリース > iPhone 8sコンセプト画像:ブルー、イエロー、ピンク配色

iPhone 8sコンセプト画像:ブルー、イエロー、ピンク配色

2018年05月29日| iPhoneUtility

業界からの見込みによれば、今年中にAppleは3つの新しいiPhoneモデル:iPhone X次世代モデル、より大いサイズのPlus型モデル、そしてXのデザインを基づいた安価なモデルとなります。そして、安価版の新型iPhoneはiPhone 8s(またはiPhone 9とも)と呼ばれ、OLEDディスプレイではなく、LCDディスプレイを搭載するそうです。

また、このLCDディスプレイを搭載する「iPhone 8s」は3D Touch機能も取り除くそうです。

今月、RosenblattアナリストのJun Zhang氏によれば、Appleは若者の消費者ニーズを狙って今年にリリースされる安価な「iPhone 8s」にいくつかの新しい配色を発表するそうです。中には、ブルー、イエロー、ピンク配色は「iPhone 8s」に登場するそうです。

これはアナリスト個人的な意見で、サプライチェーンからの情報ではありませんが、現実離れの考えるでもありません。実際、これはAppleがかつてiPhone 5c上でもチャレンジした戦略でした。

現在、海外メデイアphonearenaはこれらの情報を参照して3枚のiPhoneコンセプト画像を作りました。2018年のLCD iPhone「iPhone 8s」はiPhone Xのようなベゼルレスデザイン(ノッチディスプレイ)を採用すると噂されています。「iPhone 8s」の背面では、iPhone 8のデザインとほぼ同じだと伝えられています。つまり、注意すべきことは、これらの「iPhone 8s」コンセプト画像は本当の正面デザインではないことです。

「iPhone 8s」コンセプト画像は以下の通りです:

「iPhone 8s」コンセプト画像

「iPhone 8s」コンセプト画像

「iPhone 8s」コンセプト画像

「iPhone 8s」コンセプト画像

「iPhone 8s」コンセプト画像

「iPhone 8s」コンセプト画像

関連記事:

iPhone X Plus噂:サイズがiPhone 8 Plusとほぼ同じで、iOS 12&Face IDをサポート

2018年iPhone X Plusはトリプルレンズカメラを搭載する?

LCD iPhoneは8月から量産!OLEDモデルより200ドルも安い?

情報元:ithome

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com