> ニュースリリース > iPhone X Plus噂:サイズがiPhone 8 Plusとほぼ同じで、iOS 12&Face IDをサポート

iPhone X Plus噂:サイズがiPhone 8 Plusとほぼ同じで、iOS 12&Face IDをサポート

2018年05月08日| iPhoneUtility

サプライチェーンからの噂では、Apple次世代モデル6.5インチのOLEDディスプレイを誇っているiPhone X Plusは現在のiPhone 8 Plusと同じサイズで、iOS 12とFace IDをサポートする主張しています。

iPhone X Plus噂

iPhone X Plus噂

この秋の発売を予定している3つの新しいiPhoneのうち最大のものである6.5インチ「iPhone X Plus」は、OLEDディスプレイとFace IDテクノロジーを搭載する予定です。 iPhone 8のようなモデルでタッチIDのホームボタンとイヤースピーカーにそれぞれ専用されている 「あご」と 「額」の部分を引き換えすると、Appleは大幅に拡大したタッチパネルのためのスペースを確保します。

噂の次世代モデルiPhone X Plusは高さと幅はiPhone 8 Plusと類似していると言われているが、垂直方向に積み重ねられた後ろ向きのカメラアレイを収容するために既存のハンドセットより0.2mm厚くなる可能性があります。 iPhone Xが登場するまでは、デュアルカメラのiPhone設定はすべて水平に配置されていましたが、TrueDepthとFace IDを達成するために必要なコンポーネントの数が、Appleにリアシュータの位置を変更させました。その変更は、明らかに大画面の後継者に引き継がれます。

サプライチェーンの情報筋によると、今後のiPhone Xの改革については、予定されている5.8インチのOLEDバージョンにはわずかな外的な変更しかないそうです。本とんど現行のiPhone Xと同じだと噂されていますが、大きなカメラセンサーやセンサーに向かうには少し大きめのリアカメラレンズが必要です。

5.8インチと6.5インチの両方のiPhone X Plusは、マルチポジション認識をサポートして強化されたFace ID認証を特長とすると噂されています。現在、Face IDで認証しているユーザーは、デバイスを顔の正面に垂直に保持する必要がありますが、これはiOS 12で変更される可能性があります。

また、次世代のオペレーティングシステムには、Appleの認識アルゴリズムのアップデートが含まれているため、ハンドセットが水平位置にあるときにユーザーがロックを解除して認証することができます。この追加は、デバイスをランドスケープモードで頻繁に操作するユーザーにとっては歓迎すべき機能強化です。

情報元:appleinsider

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com