> ニュースリリース > iPhone 6 VS iPhone XSスピードテスト、驚くべき結果をたらす

iPhone 6 VS iPhone XSスピードテスト、驚くべき結果をたらす

2018年09月28日| iPhoneUtility

新しいiPhoneが古いiPhoneよりも高速であることを当たり前だと思っているでしょう。iPhone XSをiPhone 6とスピードテストを行った動画は驚くべき結果をもたらしました。

iPhone 6 VS iPhone XS

iPhone 6 VS iPhone XS

Nick Ackerman氏が投稿したスピードテストでは、iPhone XSをiPhone 6と比較していくつかの分野でテストを行いました。全体として、実世界のパフォーマンスの違いをきちんと表示しています。しかし、それについて興味深いことがあります。

動画はこちら:

早い段階で、Ackerman氏は両方のデバイスのロック画面からカメラアプリを開こうとしました。そして、驚くべきことに、リリースから四歳のiPhone 6は、Appleの最新かつ最高のiPhone XSを実際に打ち負かしました。

iPhone 6は一貫して最新のカメラよりも速くカメラアプリを開きました。これはなぜか分かりませんが、AppleがiOS 12の古いデバイスにもたらした重要なパフォーマンスの向上によるものかもしれません。そして、Face IDは速いですが、Touch IDより遅い可能性があることを示しています。

Ackerman氏は、自分のデバイスのロックを解除しようとしたとき、iPhone 6の第1世代のTouch IDが基本的にiPhone XSのFace IDとどのように並んでいるかを見せつけました。さらに興味深いことに、Face IDのためにスワイプする必要があるということは、実際にはiPhone XSに入ることが髪の動きが遅いことを意味しました。

「手前に傾けてスリーブ解除」を使用すると、Face IDのアクセス速度が向上することに気づく価値はあります。

それでも、わずかな遅延とデザインの違いがあっても、iPhone XSは非常に高速なデバイスです。

期待していたように、iPhone XSはすべてのアプリを大幅に高速で開くことができました。GeekBenchアプリはiPhone 6でより早く開かれましたが、それは主にXS用に最適化されていないという事実に起因しています。

マルチタスキングになると、iPhone XSも勝利を収めました。メモリスペックのおかげで、ほとんどのアプリをメモリに保持することができました。一方、iPhone 6は大部分を再開する必要がありました。

iPhone XSは、インターネットをナビゲートする際にも優れたパフォーマンスを発揮しました。新しいページでは、Webページの読み込み速度が向上し、スクロールがスムーズになりました。

iPhone 6は、わずか1GBのRAMを搭載したApple A8シリーズSoCを搭載しています。

一方、iPhone XSはまだAppleの最速のチップA12 Bionicを搭載しています。また、ヘキサコアの64ビットプロセッサと4GBのRAMも搭載しています。

それでも、iPhone 6のiPhone XSに対するパフォーマンスを見れば、ビデオ編集者やゲームのようなCPUを大量に消費するアプリケーションを除いて、速度に大きな違いがありませんでした。この動画はiOS 12にアップグレードした古いデバイスにも期待できるという確信な証拠かもしれません。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com