> ニュースリリース > iPadは2018年第2四半期を通して世界で最も人気のあるタブレットを維持

iPadは2018年第2四半期を通して世界で最も人気のあるタブレットを維持

2018年05月07日| iPhoneUtility

調査会社IDCからの最新データは、人々が再びAppleのiPadデータを購入していることを示しています。AppleのiPad は4年間で世界のタブレット市場で最高のシェアを築いていたことを示しています。

2018年iPad

2018年iPad

IDCは、iPad出荷台数が3ヶ月間にわたって販売されたタブレットの約28.8%を占めていると推定しています。これは昨年の同時期の24.9%からの飛躍です。また、Appleが2014年に市場の32.7%を占めて以来、記録された最高のシェアです。

AppleのiPadは、3月の四半期を通して、世界で最も人気のあるタブレットとしての地位を維持しました。サムスン電子は、同期間の約530万の出荷量から推定される約16.7%の市場シェアで2位に入りました。サムスンの出荷台数は、昨年のこの時点から減少していますが、市場シェアは変わりません。

しかし、世界的なタブレットの出荷は、実際には減少しています。すべてのOEMの合計売上高は、2018年第1四半期を通じて前年同期比で11.7%減少しました。にもかかわらず、この期間にiPadのラインナップが収益と市場シェアを拡大​​しました。

Appleの新しく発売された2018年の9.7インチのiPadは、2018年第2四半期(Appleの第3四半期と相関がある)に、同社のタブレット結果に影響を与えるはずです。

タブレットのラインナップの未来まで、クパチーノのハイテク・タイタンは、新しいiPad Proデバイスをデビューすることが大いに期待されています。少なくとも1つ(ただし両方)のタブレットは、薄型のベゼルやFace IDのような「iPhone Xの機能」を備えています。このデバイスは、象徴的なホームボタンを省くことも噂されています。

おそらく、それらのiPad Proデバイスは、その前身の10.5インチと12.9インチのフォームファクタを保持するでしょう。

情報元:idropnews

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com