> ニュースリリース > iOS 12はサードパーティ製バッテリーを認識できず、バッテリーの状態で「修理」と示される

iOS 12はサードパーティ製バッテリーを認識できず、バッテリーの状態で「修理」と示される

2018年09月18日| iPhoneUtility

今朝、AppleはiOS 12正式版を配信開始しました。古い型iPhoneモデルの高速化、新しいアプリ「計測」やSiriのショートカットなどの更新が含まれています。しかし、サードパーティ製のバッテリー交換を行ったiPhoneデバイスはiOS 12にアップグレードしたら、バッテリーが認識できずにバッテリーの状態で「修理」と示されているそうです。

iOS 12

iOS 12

iOS 12は主にパファーマンスの上昇のために設計されています。iOS 12は、iPhone 5sやiPad Airといった旧モデルに至るまで、より良いパフォーマンスを発揮できるように細部まで改良されています。Apple公式によれば、「アプリケーションの起動が最大40%速く」、「キーボードの表示が最大50%速く」、「スワイプによるカメラの起動が最大70%速く」、「負荷時の共有シートの表示が最大2倍速く」となっているそうです。今回のバッテリーの状態で「修理」と示される問題は、iOS 11のバッテリーの状態(ベータ版)からもそうなっています。iOS 12にアップグレードしたら、バッテリーの状態を確認するには、他のソフトやアプリを利用して検証しましょう。

バッテリーの状態を確認するには、[設定]ー[バッテリー]ー[バッテリーの状態]で確認します。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com