> ニュースリリース > iOS 12新機能コンセプト:ロック画面改良?ショートカット、常時オンモード

iOS 12新機能コンセプト:ロック画面改良?ショートカット、常時オンモード

2018年05月28日| iPhoneUtility

AppleがiOS 12を含む最新のソフトウェアアップデートを発表すると予想されるWWDC 2018の開催はまだ一週間、ネットでは、iOS 12で実現する新機能を予測するコンセプトを公開しています。

iOS 12新機能コンセプト

iOS 12新機能コンセプト

公開されたiOS 12のコンセプトでは、ロック画面はユーザーが簡単にアクセスできるように配置された4つの異なるショートカットがあります。このアイコン上で3D Touchを使用すると詳細なビューが表示されるようになっています。画像へのアクセスや、電話アプリ、天気、音楽、株情報などへの迅速なアクセスが可能になります。

また、iOS 12のコンセプトでは、iPhone Xユーザーの常時オンモードを発想しています。アンドロイドデバイスと同じように、常時モードでは時間などが「フェーディング効果」で表示されます。これは、ディスプレイが主に黒色のままで、時間とショートカットが明るいテキストで表示されるものです。

iOS 12新機能コンセプト

iOS 12新機能コンセプト

ここで示唆されているiOS 12他の機能変更には、侵入しにくい音量インジケータと暗いモードがあります。両方とも、iPhoneユーザーから数年前から定期的に要求されています。

動画はこちらです:

しかし、iOS 12は主にバグ修正やパフォーマンスの向上に重点を置くことが予想されるため、これらのようなインターフェイスの強化が実際に見られるかどうかは判明できません。

情報元:9to5mac

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com