> ニュースリリース > iOS 12.1リリース:グループFaceTime機能を投入、古モデルに制限あり

iOS 12.1リリース:グループFaceTime機能を投入、古モデルに制限あり

2018年10月30日| iPhoneUtility

メジャーアップデートiOS 12.1は今夜の「Apple Special Event」発表会後に配信されるとメデイアから推測されています。iOS 12.1のリリース共に、目玉機能「グループFaceTime」が再び登場する他に注意しなければならないポイントもあります。

グループFaceTime

グループFaceTime

iOS 12.1アップデートはじきに配信されますが、新機能の「グループFaceTime」はすべてのiOSデバイスが同様に対応するわけではありません。iOS 12.1のユーザーマニュアルによれば、iPhone 5s、iPhone 6 及び iPhone 6 Plusはオーディオだけ対応しているそうです。また、iOS 12.1ベータ版でiPad mini 2、iPad mini 3 及び iPad Airも「グループFaceTime」機能に対応しない見込みにだと示されています。

iOS 12.1の6つの新機能や変更点まとめ

これらの情報をまとめて推測すれば、iOS 12.1アップデートで「グループFaceTime」機能を対応するかどうかはプロセッサ次第だそうです。A8及び以前バージョンのプロセッサを搭載しているiOSデバイスの場合は、「グループFaceTime」機能を対応に対応できないということになります。A8Xプロセッサのより進歩した性能により、iPad Air 2はなんとか「グループFaceTime」機能に対応できるそうで、A9プロセッサを搭載したiPhone SEも対応できるわけです。しかし、A8プロセッサを搭載したiPad mini 4は例外のようです。

他に、iOS 12.1アップデートはiPhone XS、iPhone XS Max 及び iPhone XRのeSIM(イーシム)対応を始めます。もちろん、ユーザーは、通信事業者が使用する前にサポートを実装するまで待つ必要があります。そして、カメラのHDR不具合などのバグも含めて修正されるそうです。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com