> ニュースリリース > MacBookとiMacディスプレイの内側に埃が混入で、Appleが集団訴訟に遭遇!

MacBookとiMacディスプレイの内側に埃が混入で、Appleが集団訴訟に遭遇!

2018年11月29日| iPhoneUtility

Appleは、同社がMacBookやiMacにベントフィルターを使用しなかったことを訴えた集団訴訟に直面しています。ベントフィルターの未使用により、MacBookとiMacディスプレイの内側に埃が混入し、プロセッサースとディスプレイ画面を損傷するそうです。このケースを担当するのはHagens Berman社です。

MacBookとiMacディスプレイの内側に埃が混入

MacBookとiMacディスプレイの内側に埃が混入

「Appleは、世界で最も価値のある会社で消費者がその高品質の製品を信頼していますが、最も簡単で、よく知られている技術的な問題の一つ埃の混入に対処するために失敗しました。」Hagens Berman社共同設立者Steve Berman氏が指摘しました。このベントフィルター未使用の欠陥で、Appleユーザーが修理に数百ドルを費やしますが、Appleは責任を取ることを拒否したそうです。

MacBookとiMacディスプレイの内側に埃が混入

MacBookとiMacディスプレイの内側に埃が混入

スーツによると、一部のiMac、iMac Pro、MacBook Pro、MacBook とMacBook Airのディスプレイ画面が暗く汚れやスポットを表示されます。さらに、ベントフィルターがないために発熱問題があり、性能も落ちます。

フィルターなしの場合、粉塵や埃が内部に吸引されて蓄積され、コンピュータのディスプレイ画面とマザーボードに影響を与えます。そのコンピュータのコンポーネントを冷却するための吸気は、ディスプレイの後ろにトラップされたマザーボード上に蓄積し、コンピュータが緩やかに実行させ、過熱しています。

MacBookとiMacディスプレイの内側に埃が混入

MacBookとiMacディスプレイの内側に埃が混入

Hagens Berman氏は、Apple社は、埃の問題を解決するために保証外修理に600ドル以上の料金を顧客に請求していると語りました。訴訟では、Macのディスプレイに暗い斑点を持つ写真家を含むいくつかの原告が指名されました。一人のユーザーはiMacディスプレイ画面はグレーに表示され、修理費用は600ドルかかったそうです。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com