> ニュースリリース > 2018年iPhoneは18W電源アダプターとUSB-C Lightningケーブルを同梱するか

2018年iPhoneは18W電源アダプターとUSB-C Lightningケーブルを同梱するか

2018年05月18日| iPhoneUtility

最新レポートによれば、今年iPhoneラインナップの更新と伴い、18W電源アダプターとUSB-C Lightningケーブルも同梱して販売されるそうです。

18W電源アダプターとUSB-C Lightningケーブル

18W電源アダプターとUSB-C Lightningケーブル

今月初め、中国のソーシャルメディアサイト「Weibo」の記事では、Appleが2018年の新世代iPhone、18W電源アダプター、USB-C Lightningケーブルを同梱することと示唆しました。この報告書には、噂の電源レンガの回路図が含まれていました。

現在、電源アクセサリーのブログChargerLabはサプライチェーンの情報源からの新しい情報でこの噂を裏付けています。 ChargerLabはまた、新しい18W電源アダプターを示す一連のレンダリングを作成しました。

18W電源アダプター

18W電源アダプター

レンダリングでは、新しく設計された電源アダプターのヨーロッパ版が表示されます。特に、電源アダプターのメインポートのUSB-C規格への切り替えも示しています。おそらく、米国のバージョンの電源アダプターは、北米の電源アダプターと同様に見えます。

AppleはUSB-Cに賛成してLightning規格を破棄する可能性は低いと思われています。代わりに、同社は従来のUSB-Aを新しいUSB-Cポートに交換する予定であるとの見通しを示しています。つまり、USB-C LightningケーブルとUSB-C電源アダプタが必要です。

新しいレポートとそれを進めたWeiboからの画像は、AppleのiPhoneに同梱されている標準の普遍的な5W電源アダプターです。もちろん、Appleの現在の四角形のUSB-Cアダプタと比較しても大幅に再設計されています。

新しい電源アダプタとケーブルを使用すると、ユーザーは何も購入せずに急速充電を利用することができます。 iPhone 8、8 PlusとXはすでにタイプCの急速充電をサポートしていますが、その機能にアクセスするには別々のアクセサリを購入する必要があります。

この機能により、iPhoneは約30分で50%の充電に達することができます。18Wの電源アダプタは、AppleがiPadモデルと共に出荷する10Wまたは12Wのアダプタよりも高速です。現在のMacBookデバイスラインナップは、すでにUSB-C仕様をプライマリポートとして使用しています。 (具体的には、最近のMacBookにThunderbolt 3 – USB-Cデバイスを接続することができます)。

つまり、Appleのユーザーは、ドングルやアダプタを必要とせずに自分のMacBook Proデバイスに直接iPhoneを接続することができます。

情報元:idropnews

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com