> ニュースリリース > iPhone、iPadが動作不能になるバグを発見:ブラックドット

iPhone、iPadが動作不能になるバグを発見:ブラックドット

2018年05月10日| iPhoneUtility
ブラックドットのバグ

ブラックドットのバグ

今日、ユーチューバーチャンネルEverythingAppleProはiPhoneやiPadなどのiOSデバイスが動作不能に落ちる新たなバグを発見しました。このバグは「ブラックドット(黒い点)」と呼ばれて、最初はAndroidプラットフォームのWhatsAppに関わりましたが、ネットワークを通じて素早く伝わてきました。

前にもiPhoneやiPadなどのiOSプラットフォームに起きった文字バグと同様に、「ブラックドット(黒い点)」は直接iPhoneやiPadを動作不能にさせられます。原因として、「ブラックドット(黒い点)」バグは大量な不可視Unicode文字が含まれて、CPU処理が耐えられなくてデバイスが動作不能になるわけです。もし「ブラックドット(黒い点)」はメーセージとして送られたら、受かる側のiPhoneやiPadを動作不能になります。現在このバグの影響を受けているiOSバージョンは iOS 11.3及びiOS 11.4ベータ版が含まれています。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com