> ニュースリリース > AppleのiPhoneは第1四半期のスマホ市場シェアを伸ばす

AppleのiPhoneは第1四半期のスマホ市場シェアを伸ばす

2018年05月03日| iPhoneUtility

市場分析会社によると、2018年第1四半期にスマートフォンの市場規模が縮小したものの、米国と中国のiPhoneのニーズが好調に推移したため、iPhoneのシェアを拡大​​することができました。

iPhone

iPhone

いつものように、IDC、ストラテジーアナリティカル、カンタールは水曜日に第1四半期のそれぞれのスマートフォンの見積もりを発表しました。

Appleは火曜日にこれまで最高の3月期を発表しました。iPhoneの売上は5220万台に達し、611億ドルの収益が見込まれています。ハイエンドモデル、特にiPhone Xの良い組み合わせのおかげで、700ドルを上回る728.30ドルのiPhone ASPが保持されています。

IDCによると、Appleの売上高は、前年同期の14.7%から世界市場の15.6%に上昇しました。サムスン電子は、市場シェアを0.1%から23.4%に引き上げるために出荷された7,820万台の出荷台数を記録しました。

Huaweiは3,330万台が出荷され、市場の11.8%を占め、前年同期比で13.8%増えました。第4位のXiaomiは、出荷台数2800万台で87.8%の大幅な利益を上げ、市場シェアを8.4%まで伸ばすことができました。 Oppoは、出荷された2390万台と市場の7.1%で第5位になり、前年同期比7.5%減となりました。

IDCは、世界のスマートフォン市場は前年比で2.9%減少したと推定しています。 2013年以来の出荷台数が初めて1億台を下回ったことから、スマートフォン市場は低迷していると主に考えています。

情報元:appleinsider

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com