> ニュースリリース > Apple Watchに睡眠分析機能、2020年までに追加か

Apple Watchに睡眠分析機能、2020年までに追加か

2019年02月27日| iPhoneUtility

Bloombergによれば、Appleは将来的にApple Watchで睡眠を記録・分析できる機能をテストしているようです。そして、もしこのテストが成功すれば、2020年に機能をApple Watchに追加する可能性があります。

Apple Watch

Apple Watch

ライバルとなっている「Fitbit」などのウエアラブル端末では、スリープラッキング機能が装備されて、睡眠を自動で記録し、覚醒・浅い睡眠・深い睡眠・レム睡眠の4段階で分析して確認できます。

最初、Apple Watchのバッテリーは1日中18時間で使えることができないから、Appleがこの機能についての開発を進むつもりがないです。しかし、Apple Watch Series 3やSeries 4からバッテリーの存続期間が2日になって、その開発を勧めていることも当然のことになります。

Bloombergは、睡眠中のバッテリー消費を抑えるために省電力モードが追加されると予測していますが、起床後の充電も必要です。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com