> ニュースリリース > 6.1インチLCDディスプレイのiPhone X外観リーク:ノッチがより広く

6.1インチLCDディスプレイのiPhone X外観リーク:ノッチがより広く

2018年06月25日| iPhoneUtility

昨年からAppleは2018年に3つの新しいiPhoneをリリースする予定と報道されてきました。この3つの新しいiPhoneは全部ノッチ付きのiPhone Xと似ているそうです。

6.1インチLCD iPhone X

6.1インチLCD iPhone X

具体的には、5.8インチOLEDディスプレイを搭載するiPhone X後継者、6.5インチOLEDディスプレイを搭載する「iPhone X Plus」、そして6.1インチLCDディスプレイを搭載する安価版iPhone Xとなります。ほぼ確定できることは、新しい5.8インチiPhoneは現在のiPhone Xと同じで、「iPhone X Plus」も現世代のiPhone Xが大きくなるバージョンとなるそうです。しかし、6.1インチLCDディスプレイのiPhone Xの外観はどうなるでしょうか?現在、海外メデイアBGRからこのモデルのコンセプト画像を公開しています。

6.1インチLCD iPhone X

6.1インチLCD iPhone X

メデイアBGRによれば、6.1インチLCD iPhone Xのコンセプト画像は信憑性の高いルートから手に入れた情報によってデザインしたものだそうです。画像にあるiPhoneケースはサードパーティメーカーGhostekが製造したケースで、同社は過去に何度もBGRに確実な情報を提供したそうです。

コンセプト画像から見れば、6.1インチLCD iPhone Xの正面も現在のiPhone Xと大差がないようで、ただしノッチの部分に幅が広くなっています。背面では、iPhone Xと比較してデュアルレンズからシングルレンズに替えたそうです。しかし、iPhone 8のレンズより相当大きくなっているようです。

この3つの新しいiPhoneも今年9月に発表される見込みです。

情報元:ithome

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com