> ニュースリリース > 6.1インチLCD iPhone 2018の実写真はこれか

6.1インチLCD iPhone 2018の実写真はこれか

2018年08月07日| iPhoneUtility

Appleの2018年秋の発表会に近づくにつれ、リークされた写真や、予期されていた製品の詳細についての情報が増えています。

Appleが9月12日(水曜日)に噂されている特別イベントで、Appleが3つの新しいiPhoneモデルをリリースする予定です。5.8インチと6.5インチのSuper Retina OLEDディスプレイを搭載したiPhone XSとiPhone XS Plus(暫定名)の他にフルアクティブLCDディスプレイパネルを誇る、全く新しい6.1インチバリエーションiPhone 2018も加えます。

この3つのモデルはすべて、Edge to Edgeディスプレイ、ハードウェアのホームボタン、Face ID、AnimojiなどのTrue Depthカメラを搭載したiPhone Xのデザインを採用しています。 Appleは今秋、現在のiPhone Xを中止し、同様のサイズの後継機に置き換える予定です。

iPhone 2018の実写真

iPhone 2018の実写真

最新の6.1インチLCD iPhone 2018リーク

信憑性の高いスラッシュリークにより、Appleの実際の6.1インチLCD iPhone 2018のイメージを見ているかもしれません。週末にMikelagoreとしか特定されていないユーザーがアップロードした画像は、アセンブリ工場Foxconnにより作られた6.1インチLCD iPhone 2018の背面の上半分を示しています。

当然のことながら、写真はややぼやけており、その真偽は確認できませんが、デュアルLEDフラッシュを搭載した超拡大一眼カメラ、Appleの署名ロゴ、その他の完成度の高いデザインの手掛かりなど、いくつかの特徴があります。これは6.1インチLCD iPhone 2018の実写真かもしれないと思われています。

Appleが新しいiPhoneモデルをステージ上で発表するのをどれほど近づけているかを考えると、「有害な製品漏れ」を断ち切る努力が続けられているにもかかわらず、結局のところ、不正なFoxconn社の従業員は、組立ラインで作業中にハンドセットの写真をスナップしてウェブに投稿しているようです。もちろん、これは初めてのことではありません。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com