> ニュースリリース > AppleはA13プロセッサの準備を整えた:7nm EUV製造プロセス、コードネーム「lightning」

AppleはA13プロセッサの準備を整えた:7nm EUV製造プロセス、コードネーム「lightning」

2018年11月26日| iPhoneUtility
A13プロセッサ

A13プロセッサ

マイクロソフトのセキュリティ専門家はlonghorn(@never _ released)氏は、Appleはすでに「lightning」というコードネームで呼ばれるA12のアップグレード版プロセッサA13の研究を始まり、そしてプロセッサ名が「T8030」とツイッターでリークしました。

このA13プロセッサのリーク情報の信憑性について現時点で判明できませんが、同氏は以前A12プロセッサに関してリークした情報が完全に的中したそうです。もしA13プロセッサのリーク情報も正確ならば、次世代iPhoneに搭載されるAシリーズプロセッサは「Wind」というネーミングを終了します。

前のサプライチェーンからの情報では、TSMC社が引き続きA13プロセッサの受託製造を続けると、例のアナリストKuo氏が指摘しました。そして、A13だけではなく、来年や再来年のA14もTSMC社により製造されると強調されました。

また、A13プロセッサにはカスタマイズモデルも存在するかもしれません。ARMベースの高性能A13プロセッサは新型MacシリーズノートPCに搭載するはずです。

では、A13プロセッサのアップグレードは何ですか?サプライチェーンから証明済みのTSMC 7nmでのEUVプロセスの使用は驚いてはなりません。7nm製造プロセスの第二世代EUV技術はプロセッサのパフォーマンスが改善されます。しかし、わずか10%の性能改善、または単にトランジスタレベルで、実際の性能は最小限ですが、消費電力は10%低減することができるそうです。

Appleはまた、A13のアーキテクチャを変更し、複数のカメラを準備するために、消費電力を最適化しながら、コアの数を増やし、プロセッサの新世代を迎えます。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com