> ニュースリリース > 新型iPhoneは売れない?生産台数が再び減少

新型iPhoneは売れない?生産台数が再び減少

2018年11月28日| iPhoneUtility

この間、多数のメデイアからの報道では、2018年の新型iPhone XS、iPhone XS Max 及び iPhone XRへの欲求が予期より弱いため、Appleがこの3つのモデルの生産台数を減少しざるを得ないと報じられていました。そして、メデイアDigiTimesからの最新情報によれば、Appleは再び新型iPhone XS、iPhone XS Max 及び iPhone XRの生産台数を減少するそうです。

新型iPhone

新型iPhone

11月にAppleパートナーのサプライチェーンは2018年新型iPhoneの生産台数が減少することによる影響を受けています。例えば、iPhoneのカメラパーツを提供するLargan Precision社は11月の売上が10月より減少する見込みだそうです。また、iPhoneポリ塩化ビフェニルを提供するCareer Technology社は受注が減少したため派遣社員を110名解雇したそうです。

約一ヶ月前に、3つの新モデルの生産予定台数が25%減少するという情報が伝われてきました。例のアナリストKuo氏も同氏が予測したiPhone売上を下げました。

しかし、同じくiPhoneサプライチェーンのTSMC社はそれほど影響を受けていないとDigiTimesが指摘しました。それはTSMCの他の顧客が損失を補うからだと言われています。業界では、同社の7nmプロセス技術を待っているApple以外の顧客が山ほどあるでしょう。

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com