> ニュースリリース > Trendforce:2018年新型OLED iPhoneはApple Pencilを搭載、ハイスペックが512GB

Trendforce:2018年新型OLED iPhoneはApple Pencilを搭載、ハイスペックが512GB

2018年08月15日| iPhoneUtility
2018年新型iPhone

2018年新型iPhone

TrendForceは、Appleが今年の主力モデルの魅力を高め、平均販売価格(ASP)をさらに引き上げるために、いくつかのステップを踏み出していると考えていると指摘しました。同社は、2018年新型OLED iPhoneがApple Pencilを搭載すると考えています。これはiPadよりもはるかに小さい画面サイズで描画するのには限界がありますが、特に6.5インチのPlusモデルでは、注釈の作成に役立ちます。

Apple Pencilのサポートについては、長年にわたり報告されています。 iPhoneの互換性を提供することで、アクセサリの売上が大幅に増加する可能性があります。

さらに、TrendForceは、両方のOLEDモデルがiPhone Xの2つではなく3つのストレージ層を提供することを期待しています。既存の64GBおよび256GBの層に加えて、Appleは512GBオプションも提供することを示唆しています。購入者の割合が比較的少ない場合でも、平均販売価格を引き上げるのに役立ちます。

TrendForceは、iPhone Xのデザインと非常に似通ったエントリーレベルのLCDモデルを、より手頃な価格で提供することを期待しています。また、6.1インチのLCD iPhoneはAppleが64GBと256GBの層を提供し、3GBのRAMを搭載すると予測されています。TrendForceは、LCD iPhoneが699ドルの価格から始まると予想しています。OLEDモデルについては、が899〜949ドルのどこかから始まると同社が予想しています。

情報元:9to5mac

お問い合わせ先

iPhoneUtility: support@iphone-utility.com