> Files Manager > iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策

iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策

花崎 千恵|2018年04月11日

要約:iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできなくなってお困りですか?ここでこの問題の解決策を画像付きで詳しくご紹介します。

iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策

iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策

盗難、紛失、不具合などの時に備えて、iPhone 7/7 Plus/8中のデータをバックアップしておいたほうがいいでしょう。でも、iTunes、iCloudでiPhone 7/7 Plus/8をバックアップする際、デバイスを認識しない、何かしらの不具合、容量不足などの原因でバックアップできなくなったケースがよくあります。その場合にはどうすれば良いのでしょうか?ここで、この問題を解決するため、iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策を1つご紹介します。

iOSデバイス専用のファイル管理ツール

iPhone 7/7 Plusをバックアップできない問題を解決するため、AllFilesというiPhone&iPad&iPod向けのファイル管理ソフトをおすすめします。その理由は以下のように:

それでは、AllFilesをダウンロードして、iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない問題を解決しましょう!

iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策

Step 1:AllFilesをPCにインストール&起動 > iPhone 7/7 Plus/8をUSBケーブルで接続 > ホーム画面で「iPhone 7」をクリックします。

iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策

iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策

Step 2:バックアップしたいデータフォルダを選択してクリックして詳細なデータ管理画面ぶ入ります。

iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策

iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策

Step 3:詳細なデータ管理画面で選択してデータをクリックして、バックアップしてください。ここで、音楽を例にします。

iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策

iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策

まとめ

以上はiPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない場合の対策です。如何でしょうか?実は、AllFilesを利用して、iPhone 7/7 Plus/8をバックアップできない問題を解決するだけでなく、以下のようなメリットもあります:

1.iPhone 7/7 Plus/8のデータをiCloud Drive・Dropboxなどのクラウドサービスにもバックアップできます;

2.PDF、テキスト、ワード、epubなどあらゆる書類もバックアップできます;

3.ソフトのベータ版は無料で利用できます。

さっそく、AllFilesベータ版をダウンロードして試してみませんか?また、もしこの文章はお役に立ちましたら、嬉しいです。また、この記事に共感を持ったら、FacebookやTwitter、Google+に共有してもよろしいでしょうか。